环糊精的分子亲脂性潜力

スポンサーリンク
スポンサーリンク
原料药
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Jicsinszky等人(2021)最近的一篇综述概述了环糊精在各种抗病毒药物制剂中的优势和局限性,还讨论了CD的内在抗病毒作用。

本综述比较了最常研究的CD衍生物的分子亲油性潜能,通过SBECD显示了最安培的特性。

HPBCD、RAMEB和SBECD的分子亲脂性潜能 (Jicsinszky et al. Drug Delivery Science and Technology, 102589, https://doi.org/10.1016/j.jddst.2021.102589)

该论文在环糊精新闻博客上得到了评论。

László Jicsinszky, Katia Martina, Giancarlo Cravotto (2021) Cyclodextrins in the antiviral therapy, Journal of Drug Delivery Science and Technology, 64, 102589, https://doi.org/10.1016/j.jddst.2021.102589.

コメント

タイトルとURLをコピーしました