スポンサーリンク

第三章:卡苏教授与环糊精

教养
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年11月4日

第三章:卡苏教授与环糊精

最近出版的《环糊精的历史》一书的第三章是关于贝尼托-卡苏教授(1927-2016)的,他是碳水化合物化学领域的著名科学家,对环糊精也做了基础性研究。他发表了第一篇关于环糊精的NMR研究。他提出吡喃葡萄糖环在椅子C1构型中的共同形状和羟基之间存在氢键。1967年,Casu教授首次发表了2,6-二甲基环糊精的透视图。他还合成了多种甲基化和乙酰化的环糊精衍生物。他还研究了甲基化衍生物与一些正烷烃和染料的成络能力,以及与糖脂的相互作用。

阅读更多内容。

Torri, G., Naggi, A., Crini, G. (2020) Professor Casu and Cyclodextrins. In: Crini, G., Forurmentin, S., Lichtfouse, E. (eds.) The History of Cyclodextrins. Springer, New York. pp. 157-179. https://www.springer.com/gp/book/9783030493073

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました