第37届环糊精研讨会(在线)成功举行。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第37届环糊精研讨会于2021年9月2日和3日在网上成功举行,组委会主席是大阪大学工学院研究生院应用化学系基达实验室的Toshiyuki Kida。 考虑到预防新的冠状病毒感染,这次研讨会从去年开始就被推迟了。

特別講演:早下隆士(上智大理工)

“基于环糊精的超分子”

招待講演:寺尾 潤(東大院総合)

“基于固定化ROTAXAN结构的功能分子线的合成和特性”

学会賞:桑原哲夫(山梨大院総合研究部)

「关于使用环糊精修改颜料功能和创造新功能的研究」

貢献賞:池田 博(東工大生命理工)

“为环糊精协会的管理和促进环糊精研究做出贡献(利用环糊精的特性构建只对小分子有反应的发光化学传感器,并阐明其反应机制)”

奨励賞:藤原章司(神奈川大工)

「具有先进分子识别功能的环糊精化学传感器的开发」

奨励賞:正井 宏(東大院総合文化)

「甲基化的环糊精与罗塔珊结构和d-π电子系统的有机金属复合物 合作的功能」

奨励賞:有坂慶紀(東京医科歯科大生材研)

“基于环糊精的超分子生物界面对细胞反应的调节”

奨励賞:小野寺理沙子(熊本大院薬)

“使用环糊精衍生物作为活性药物成分治疗难治性疾病的挑战”

有24个口头报告和54个海报报告。

第38届环糊精研讨会将于2022年9月10-11日在大宫音速市政厅举行,由石丸雄大博士(琦玉大学)主持。

コメント

タイトルとURLをコピーしました