第6章:用于食品和医药应用的环糊精基聚合物。历史回顾

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本章从历史的角度讨论了通过接枝或交联机制制备共价连接环糊精的合成程序的演变。然后,介绍了它们在食品和制药领域的应用。在食品科学领域,首先提出的用途是果汁的脱脂和保留风味,最近,正在开发使用环糊精聚合物的智能包装。在医药和生物医学应用方面,近年来发表了许多关于环糊精聚合物的研究报告,主要是在药物释放方面,但也有作为基因传递的聚合物载体以及在再生医学领域的应用。

Petitjean, M., García-Zubiri, I.X., Isasi, J.R. (2020) Cyclodextrin-Based Polymers for Food and Pharmaceutical Applications: A Historical Review. In: Crini, G., Forurmentin, S., Lichtfouse, E. (eds.) The History of Cyclodextrins. Springer, New York. pp. 281-304. https://www.springer.com/gp/book/9783030493073

コメント

タイトルとURLをコピーしました