2021-08

医薬品原薬

2-Hydroxypropyl-β-cyclodextrin治療の炎症誘発への影響

コレステロール代謝の乱れに関連した生活習慣病や遺伝性疾患は、炎症などの多くの病理学的プロセスに過剰なコレステロールレベルが有害な影響を与えることを示している。このような背景から、HPBCDは、コレステロールの溶解度を高める作用があることから、細胞内のコレステロール値を低下させる新しい薬理学的化合物として注目されている。
医薬品原薬

Aequus社とreVision社がSBECDを活性物質として使用するStargardt病プログラムで共同研究を開始

Aequus Pharmaceuticals Inc.とreVision Therapeutics, Inc. (以下、reVision社)は、Stargardt病の治療法開発に関する共同研究を発表した。
医薬品原薬

2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(HPβCD)の反復投与は、実験的脳梗塞の慢性炎症反応を抑制する

世界では、6,700万人以上の人が虚血性脳卒中の影響を受けながら生活している。脳卒中生存者の多くは、認知機能障害を引き起こす慢性的な炎症反応を起こしており、これは脳卒中の一般的で衰弱した後遺症であるにもかかわらず、十分な研究がなされておらず、現在のところ治療法が確立されていない。
ドラッグデリバリー

ケルセチン-β-シクロデキストリン誘導体とマンニトール/レシチン微粒子との複合体を鼻腔から脳へデリバリーするための鼻腔用パウダー。in vitroおよびex vivoでの評価

神経保護作用のあるフラボノイドであるケルセチンは、近年、アルツハイマー病の早期治療への応用が示唆されている。しかし、ケルセチンは溶解度が低く、ファーストパス効果が大きいため、経口投与には適していない。
医薬品原薬

カルボキシメチル-γ-シクロデキストリンは、アミノステロイド系神経筋遮断薬によって誘発される神経筋ブロックを逆転させる新規の選択的弛緩剤結合剤である:ex vivo実験室試験

手術終了時に神経筋ブロックが残っていると、患者の安全性が損なわれる可能性がある。気道合併症のリスクは、神経筋の機能をモニタリングし、必要に応じて神経筋ブロックを解除することで最小限に抑えることができる。
医薬品原薬

HPBCDはムコポリサッカリドーシスIIIB型を誘発する多能性幹細胞由来の神経細胞の疾患表現を減少させた

ムコ多糖症(MPS)は、デルマタン硫酸、ヘパラン硫酸、ケラタン硫酸、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などのグリコサミノグリカン(GAG)の分解に関与する11種類の酵素が遺伝的に欠損していることによって引き起こされるリソソーム貯蔵病の一群である。
教育

特別号:化学反応性を介する超分子アプローチ

Beilstein Journal of Organic Chemistry誌の本特集号の目的は,大環状および非環状ホストを用いた超分子触媒作用に関する最も革新的な研究を紹介することであり,自己組織化カプセル,メタロケージ,MOFなどの魅力的な構造も紹介する
ドラッグデリバリー

HPBCDのアミオダロン誘発性間質性肺炎の治療薬としての可能性

肺胞上皮II型(AT2)細胞は、肺サーファクタントをラメラ小体(LB)を介して分泌している。LBの異常は、線維化などの肺疾患と関連している。しかし、AT2細胞の機能が解明されていないため、肺活量異常のハイコンテントスクリーニング(HCS)には限界がある。
食品

タマネギ廃棄物からのポリフェノールおよびアントシアニン色素の水性抽出におけるシクロデキストリンの高性能グリーン共溶媒としての利用

一般的に使用されている3種類のシクロデキストリン(CD)、β-シクロデキストリン(β-CD)、メチルβ-シクロデキストリン(m-β-CD)、2-ヒドロキシプロピルβ-シクロデキストリン(HP-β-CD)を、タマネギ固形廃棄物(OSW)からのポリフェノールおよび色素の効率的な抽出のためのグリーン共溶媒として研究した。
教育

特別号:”薬物とシクロデキストリンの相互作用。新しい製剤のための基礎知識”

雑誌「Molecules」(IF 4.411)では,特集号「Drug-Cyclodextrin Interactions. A Basis for New Formulations "特集号の原稿募集を開始した。
タイトルとURLをコピーしました