医薬品原薬

医薬品原薬

シクロデキストリンによる抗ウイルス剤・ワクチンの開発

Bragaらのレビューでは、ウイルスに対するワクチンや抗ウイルス治療薬におけるシクロデキストリン(CD)の様々な役割について述べられている[1]。
医薬品原薬

Cyclo Therapeutics社、希少疾病であるニーマン・ピックC1型(NPC1)を対象としたTrappsol® Cyclo™静注療法の第1/2相試験で主要評価項目を達成

試験を完了した患者の100%が改善または安定した状態を維持し、89%が17ドメインのNPC Severity Scaleのうち少なくとも2つのドメインで改善という有効性の評価指標を満たした。
医薬品原薬

ATPの捕捉と薬物放出のためのマルチラージβシクロデキストリン超分子アセンブリ

水溶性の7つのヘキシルイミダゾリウム修飾両親媒性シクロデキストリン(AMCD)は、ATPと選択的に結合して安定な1:1の包接複合体AMCD * ATPを形成するが、これは主にエントロピー変化に起因する。その結果、AMCDの疎水性キャビティの存在により、ATPの加水分解が効果的に抑制されることがわかった。
医薬品原薬

サイクロラボのデング熱に対するシクロデキストリンの初成果

2020年5月、サイクロラボは、カリフォルニア大学バークレー校、Excivion社、サイクロラボが共同で、SARS-CoV-2やその他のウイルス感染症に対するシクロデキストリンの抗ウイルス性を評価することを発表した。
医薬品原薬

組織工学のためのα-シクロデキストリンベースのポリロタキサン

リボフラビン(RBF)を介した光架橋性ポリロタキサン(PRX)は,生体組織への固定化を目的として設計された。特に、アダマンタン分子でエンドキャップされたポリエチレングリコール鎖に、アミノ基を持つ複数のα-シクロデキストリン(α-CD)を連結したアミノ基付きPRXを合成した。
医薬品原薬

ポリカチオン性シクロデキストリンナノ粒子はアポトーシスを誘導し、抗腫瘍活性に影響を与える

肝細胞癌(HCC)は、アポトーシスを逃れて多剤耐性を付与する分子変化を生じる高度に転移性の原発性肝癌である。HCCの治療には、選択的に細胞毒性を高め、薬剤耐性を最小限に抑えた標的治療薬が不可欠である。
医薬品原薬

シクロデキストリン誘発性難聴に伴う蝸牛らせん神経節ニューロンの変性

ニーマン・ピック病C1型の治療法としてHPβCDを用いると、衰弱症状を軽減し、寿命を延ばすことができるが、治療に用いられる用量は難聴の原因となる。げっ歯類を用いた初期の研究では、HPβCDは治療後1週間の間に蝸牛外毛細胞(OHC)のみを選択的に損傷させることが示唆されていた。
医薬品原薬

シクロデキストリンに結合したGd(3+)錯体

ガドリニウム系造影剤の特性向上を求めて,シクロデキストリン(CD)は高分子量の親水性足場として注目されている.これらの親水性がMRIの効果に与える影響については、DOTA(1,4,7,10-テトラアザ-シクロドデカン-1,4,7,10-テトラ酢酸)またはTTHA(3,6,9. 12-テトラキス(カルボキシメチル)-3,6,9,12-テトラアザテトラデカン-1,14-二酸)配位子は、それぞれGd3+イオンの内側の配位圏に1つ(q = 1)または水分子なし(q = 0)を可能にする。
医薬品原薬

サイクロ・セラピューティクス社がリード候補であるTrappsol® Cyclo™の臨床開発プログラムから得られたポジティブなデータをWORLDSymposium 2021で発表

サイクロ・セラピューティクス社(Cyclo Therapeutics, Inc.)は、ニーマン・ピック病C型およびアルツハイマー病治療のためにシクロデキストリンをベースとした製品を開発している臨床段階のバイオテクノロジー企業であり、同社のリード候補であるTrappsol® Cyclo™の臨床および薬剤開発プログラムから良好なデータが得られたと発表した。
医薬品原薬

プレスリリース – 老化関連疾患を対象としたオートファジー誘導シクロデキストリン誘導体を開発

サイクロラボ・シクロデキストリンR&D社は、オートファジー関連の神経変性疾患のためのシクロデキストリン誘導体の開発に関する国家補助金を獲得したことを発表した。
タイトルとURLをコピーしました