環境

環境

シクロデキストリンベースの超分子低融点混合物:揮発性有機化合物除去のための効率的な吸収剤

シクロデキストリン(CD)と深層共晶溶媒(DES)は,揮発性有機化合物(VOC)を除去するための新しい吸収体である。DESは,水素結合アクセプター(HBA)と1つ以上の水素結合ドナー(HBD)を組み合わせることで,初期成分よりもはるかに低い融点を持つ液体を簡単に作ることができる。
環境

β-シクロデキストリンビーズポリマーを用いた水溶液からのマイコトキシン類の抽出

これまでの研究で,β-シクロデキストリンビーズポリマー(BBP)を用いて,水溶液(飲料を含む)からマイコトキシンであるオルタナリオール,ゼアラレノン,ゼアラレノール,ゼアラレノン-14-グルコシド,ゼアラレノン-14-硫酸を抽出することが実証されている[1-5]。
環境

シクロデキストリンポリマーによる水からの新興汚染物質の除去(本の章)

現在、新興汚染物質による水質汚染は、社会や公的機関にとって大きな懸念材料であり、優先課題となっている。新興汚染物質とは、環境中で日常的に監視・規制されておらず、環境や人間の健康に既知または疑わしい悪影響を及ぼす可能性のある天然・合成化学物質や生物学的物質のグループである。
環境

シクロデキストリン修飾ヘンプフェルトの環境への応用

研究では、表面処理産業の廃水に含まれる45~53の汚染物質を除去するために、ヘンプをベースにした材料をフェルト状にした吸着プロセスを適用した。ヘンプ繊維100%のフェルト(HEMP)、1,2,3,4-ブタンテトラカルボン酸で架橋したフェルト(HEMPBA)、マルトデキストリン-1,2,3,4-ブタンテトラカルボン酸架橋ポリマーでコーティングしたフェルト(HEMPM)、ヒドロキシプロピル-α-シクロデキストリン-1,2,3,4-ブタンテトラカルボン酸架橋ポリマーでコーティングしたフェルト(HEMPCD)を含む複数の素材をバッチ実験で比較した。
環境

塩化ナトリウム、HPBCD、および温度の関数としての溶液密度モデル

シクロデキストリン(CD)、塩、温度の関数としての溶液密度の知識は、シクロデキストリンの生産、ゲスト-ホスト相互作用の評価、およびCDの多くのアプリケーション、特に密度が流動性に影響を与える帯水層の浄化と高度な油回収において非常に重要である。2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンと塩化ナトリウム水溶液について、1気圧における溶液密度の比較的高精度な測定値(±1μg/cm3)を278.15から333.15Kの間で収集した。
環境

トリヒドロキシメラミンとβ-シクロデキストリンで強化された低コストヒドロゲル吸着剤による水中のPb(II)とNi(II)の除去

PVAハイドロゲルをトリヒドロキシメラミンとエピクロルヒドリンを介して架橋し、重金属イオンを除去するために吸着能の強いβ-シクロデキストリンを添加した。その結果、トリヒドロキシメラミンを8%添加することで、ハイドロゲルの圧縮強度が約20%向上することがわかった。
環境

シクロデキストリンによる土壌のバイオレメディエーション:レビュー

シクロデキストリンによる土壌のバイオレメディエーションに関するレビューは、150以上の文献に基づいており、技術の分類、それぞれにおけるシクロデキストリンの役割、長所と短所の両方を考慮した上で、いくつかの例を挙げて、明確な概要を示している。
環境

フィルタリング能力を向上させたCD含有フェイスマスク

本研究では、低空気抵抗(148 Pa)と低坪量(1 g/m²)で二重機能の空気ろ過能力を持つ生分解性ゼラチン/β-シクロデキストリン複合ナノファイバーマットを報告した。
環境

サイクロピュア社のDEXSORB®吸着剤は、イオン交換よりも優れた性能を発揮する。

カチオン性化合物と双性化合物を除去することで、飲料水中のポリフルオロアルキル物質(PFAS)の処理にDEXSORB®の価値提案が拡大 同社のポリマー製剤の優れた性能が、2020年9月14日付のEnvironmental Science & Technology誌に掲載された。
環境

シクロデキストリンによる固体状態のオゾン貯蔵

フランスの研究コンソーシアム(Institut National Polytechnique de Toulouse, Ecole D'ingenieurs de Purpan, Universite Paul Sabatier Toulouse, Centre de la Rescherche Scientifique, Institut National de la Rescherche Agronomique)は、固体状態のシクロデキストリンマトリックス中にオゾンガスを貯留する技術を開発した。このプロセスは、最近のPCT特許出願の基礎となった。
タイトルとURLをコピーしました