ドラッグデリバリー

スルホブチルエーテル-β-シクロデキストリンを用いた抗ウイルス剤レムデシビル:エレクトロスパン製剤および凍結乾燥製剤の特性評価

抗ウイルス剤レムデシビル(REM)を配合したVeklury™(Gilead Sciences, Inc. ここでは、REMと可溶化剤であるスルホブチルエーテル-β-シクロデキストリン(SBECD)との間の非共有結合によるホスト-ゲスト型の相互作用の詳細を初めて明らかにし、その結果、溶解性が大幅に向上した。
医薬品原薬

なぜHPBCDに比べてHPGCDがNPC治療に適しているのか?

ニーマン・ピック病C型(NPC)は、細胞内のコレステロール輸送に障害を伴うライソゾーム蓄積性疾患である。HP-β-CDは、コレステロールを可溶化する薬剤で、NPCの治療薬として開発が進められているが、耳毒性や肺毒性が問題となっている。本研究では、HP-γ-CDをNPC治療薬の候補として特徴づけた。
分析

一酸化炭素を生体内で高感度に定量するためのCD誘導体

一酸化炭素(CO)は、サイレントキラーとして知られるガス状分子である。血液中のカルボキシヘモグロビン(CO-Hb)の増加がCO中毒を定義する最良のバイオマーカーであると広く信じられているが、組織中のCO蓄積が死亡率の最も高い直接原因であるという事実はあまり調査されていない。組織中のCO含有量を正確に測定するには、ガスクロマトグラフィー以外に信頼できる方法がないのが現状である。
イベント

国際シクロデキストリンシンポジウムに先立つバーチャル要約会議の登録開始

国際シクロデキストリンシンポジウム(Giardini Naxos, Sicily)が2022年に延期されたため、簡略化されたバーチャルミーティングが企画された。暫定的なプログラムと登録フォームは、ICS-2021のウェブサイトに掲載されている。バーチャルミーティングは、2021年6月7日、午後1時に始まり、午後5時頃に終わる予定(CEST時間)。
CD誘導体

一酸化窒素を効率的に送達するための可視光活性化シクロデキストリン複合体と蛍光レポーターおよびベタキソロールとの包接体

βCD-NBFNO1およびβCD-NBFNO2は、N-ニトロソアミノ-ニトロ-ベンゾフラザンを、長さの異なる柔軟なスペーサーを介して、それぞれβCDスカフォールドの一次および二次水酸基部に共有結合させたものである[1]。両βCD共役体は水溶性で、青または緑の光を照射すると一酸化窒素を放出する。
CD誘導体

シクロデキストリン-医薬品製剤の熱力学的制約からの脱出

Drug Development and Delivery誌に、賦形剤に関する記事が掲載された。SPECIAL FEATURE - Excipients: Far From Inactive」と題して、様々な賦形剤の特性をまとめている。
医薬品原薬

シクロデキストリンによる抗ウイルス剤・ワクチンの開発

Bragaらのレビューでは、ウイルスに対するワクチンや抗ウイルス治療薬におけるシクロデキストリン(CD)の様々な役割について述べられている[1]。
CD誘導体

umbralisib/HPBCD錠がFDAより迅速承認を取得

米国食品医薬品局(FDA)は、PI3K-δおよびカゼインキナーゼCK1-epsilonを含むキナーゼ阻害剤であるumbralisib(Ukoniq, TG Therapeutics社)について、以下の適応症で迅速承認した。
CD誘導体

シクロデキストリン有機金属フレームワークへのメントールのカプセル化

Cyclodextrin (CD) -metal-organic frameworks (MOFs)は,食品にも使用できる新しいタイプの多孔質材料として開発されており,揮発性化合物の放出制御に大きな可能性を示している。本研究では,α-CD,β-CD,γ-CDを用いて結晶化させた硝酸カリウムからCD-MOFを合成し,さらにメントールのカプセル化を用いてその複合化能力を評価した。
医薬品原薬

Cyclo Therapeutics社、希少疾病であるニーマン・ピックC1型(NPC1)を対象としたTrappsol® Cyclo™静注療法の第1/2相試験で主要評価項目を達成

試験を完了した患者の100%が改善または安定した状態を維持し、89%が17ドメインのNPC Severity Scaleのうち少なくとも2つのドメインで改善という有効性の評価指標を満たした。
タイトルとURLをコピーしました