医薬品原薬

SARS-CoV-2に対するシクロデキストリンの最近のレビュー

最近の研究では、SARS-COV-2の感染メカニズムにおける膜脂質の役割が強調されている。細胞膜のコレステロールが豊富な部分は、ウイルスが宿主細胞にドッキングする場所として機能している。
ドラッグデリバリー

HSV-2感染症の局所治療を目的としたアシクロビル担持スルホブチルエーテル-β-シクロデキストリン修飾キトサンナノドロップレット

アシクロビルは、単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)感染症治療のゴールドスタンダード薬である。しかし、アシクロビルはバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)が低く、膣粘膜への滞留性も低いため、大量かつ頻回の投与が必要となり、膣局所治療の妨げとなっている。
環境

シクロデキストリンポリマーによる水からの新興汚染物質の除去(本の章)

現在、新興汚染物質による水質汚染は、社会や公的機関にとって大きな懸念材料であり、優先課題となっている。新興汚染物質とは、環境中で日常的に監視・規制されておらず、環境や人間の健康に既知または疑わしい悪影響を及ぼす可能性のある天然・合成化学物質や生物学的物質のグループである。
CD誘導体

モキシフロキサシンを鋳型として合成されたβ-シクロデキストリンの架橋スルホブチルエーテル誘導体の準規則的なポリマーネットワーク

β-シクロデキストリンのスルホブチルエーテル誘導体を、抗菌薬であるモキシフロキサシンの存在下で架橋すると、水溶性の高分子ナノ粒子(直径50~150nm)が形成され、薬剤を高効率(最大85%)で封入することができる。
教育

β-シクロデキストリンの包接化合物に及ぼす置換基の影響

アントラセン(ANT)の3種類のCD(β-CD,HP-β-CD,SBE-β-CD)への包接挙動について,分子動力学(MD)シミュレーションを行った。
食品

澱粉質食品中のシクロデキストリン

炭水化物を多く含むでんぷん質の食品におけるCDの役割についてレビューし、議論する。
CD誘導体

ホスト・ゲスト相互作用に基づいて微粒子から形成される集合体の巨視的形状

生物の巨視的な集合体は、ここ数十年、研究者が分子認識を利用してスマート材料を開発するきっかけとなってきた。最近では、分子認識部位を有するミリメートルスケールのハイドロゲル片を用いて、分子認識に基づく巨視的な自己組織化が実現されている。
医薬品原薬

マリンクロット社はアドラベタデックス(VTS-270;HPBCD)のさらなる開発を断念

マリンクロット・ファーマシューティカルズ社は、実験用医薬品であるアドラベタデックス(VTS-270)の治験薬申請をマンドス社(以下、マンドス社)に分割・譲渡することで合意した。
ドラッグデリバリー

ワクチン開発におけるHPBCD

Pharmaceutical Technology社は、ワクチン開発に関する専門家からの評価を掲載している。
ドラッグデリバリー

ホストとゲストの擬ブロック共重合体が形成する超分子PEG化による非ウイルス性DNAデリバリーシステム

非ウイルス性のDNAデリバリーを目的として、ホスト-ゲスト型の擬ブロック共重合体を用いたカチオン性超分子システムを開発した。
タイトルとURLをコピーしました