CD誘導体

クルクミンを担持したβシクロデキストリンナノ粒子を用いた葉酸受容体を標的とした新規ドラッグデリバリーシステムによる癌治療への応用

クルクミンのバイオアベイラビリティ、バイオセーフティ、および薬物搭載容量を向上させるために、葉酸受容体を標的とした新規のβ-シクロデキストリン薬物送達担体を構築した。葉酸(FA)でナノ粒子を修飾することで、放出制御と標的送達を実現した。
ドラッグデリバリー

シクロデキストリンで安定化したリパーゼのナノファイバー化による効率的な膵臓代替療法の実現

酵素療法(ERT)の目的は単純で、酵素が不足している患者に外部から酵素を投与して治療することである。酵素療法が導入されて以来、主な目的の一つは、消化酵素の不足に悩む患者に、栄養素の分解において不在の主な消化酵素(リパーゼ、プロテアーゼ、アミラーゼ)の役割を引き継ぐことができるタンパク質を含む、1回あたりの摂取量を提供することであった。
イベント

薬剤学と薬物送達システムに関する世界会議(PDDS 2021)

"4th Edition of Global Conference on Pharmaceutics and Drug Delivery Systems" (PDDS 2021)が2021年9月6日から8日にかけて開催される。
教育

ポール・カレール教授(1889-1971)のデキストリンへの貢献

ポール・カーラー(1889~1971)は、ビタミンの研究で知られるスイスの有機化学者で、1000以上の論文を発表している。
CD誘導体

Liraglutideの腸内投与を目的とした修飾シクロデキストリンベースのナノ粒子の臨床前評価

近年、糖尿病患者に対する新たな治療法が開発されており、その中でもグルカゴン様ペプチド類縁体(GLP-1類縁体)は最も有用な治療法の一つとして注目されている。しかし、ヒトインスリン製剤と同様に、GLP-1類縁体は経口でのバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)が低いため、経口医薬品への展開は限られていた。
ドラッグデリバリー

SARS-CoV-2によるCOVID-19におけるレムデシビルの有効性と安全性:システマティックレビューとメタアナリシス

本研究の目的は、COVID-19の成人患者に対するRNAポリメラーゼ阻害剤であるレムデシビルの有効性を評価することである。
CD誘導体

β-シクロデキストリンを機能化した高分岐ポリマー

Wanら(2021)は、抗がん剤エピルビシン(EPI)の細胞内デリバリーを研究するために、高分岐ポリグリセロールポリマーで修飾され、多数のヒドラジド基で装飾されたβ-CD(β-CD-HPG-EBA-HHと命名)の合成とその利用可能性について発表した。
イベント

サイクロラボ、重要なポジションに新たなリーダーを任命

2021年7月1日付で、生産部門と研究開発部門の両方で従業員の拡大を続けるCycloLab社は、2人の新しいリーダーを重要なポジションに任命した。
ドラッグデリバリー

シクロデキストリン複合体を含む変形可能なリポソームの開発によるButamben麻酔薬の有効性の向上

本研究は、「薬物-サイクロデキストリン(CD)-変形可能なリポソーム」戦略により、ブタンベン(BTB)の麻酔効果を高めることを目的としている。
教育

特集「シクロデキストリンの化学と毒物学II」を掲載しました。

Molecules (ISSN 1420-3049) の本特集号では,シクロデキストリンとその分子複合体の使用に関する情報を提供し,バイオテクノロジー,グリーンケミストリー,化粧品処方/香りの安定化,分析化学,ドラッグデリバリー,医薬品賦形剤などの様々な用途における潜在的な役割を評価することを目的としています。
タイトルとURLをコピーしました