教育

教育

シクロデキストリンの歴史:デクスター・フレンチのシクロアミロース/シクロデキストリンとデンプン科学への貢献

デクスター・フレンチ教授(1918-1981)は、アイオワ州立大学(1959年大学)のアメリカ人化学者・生化学者。彼はそのキャリアを多糖類とオリゴ糖、特にデンプン、シクロデキストリン、酵素の知識を深めることに捧げた。
教育

シクロデキストリン関連出版物と特許の統計

シクロデキストリン(CD)関連の文献をScopus検索に基づいて評価した。2020年の論文数は12月30日まで増加を続けており、2020年の論文数は2445編となっている。図 1 に論文数の推移を示す。
教育

“シクロデキストリンの展望” 特集号

特集「シクロデキストリンの展望」を掲載した。ゲストエディター:スサナ・サントス・ブラガ(Susana Santos Braga)
教育

活性分子のカプセル化とそのデリバリーシステム (書籍)

この書籍「活性分子のカプセル化とそのデリバリーシステム」は、カプセル化の重要な調製方法、放出メカニズム、食品、バイオテクノロジー、金属保護、薬物送達、農業における微量栄養素の送達などへの応用を網羅している。
教育

シクロデキストリン特集号

Pharmaceutics MDPI (ISSN 1424-8247; Impact Factor 4.286)は、「シクロデキストリン技術の新しいフロンティア」と題する特集号を企画している。本号の目的は、シクロデキストリンの応用の現状をまとめ、シクロデキストリンをベースとした超分子システムの新たなフロンティアを明らかにすることである。
教育

デキストリン研究の20年:ハンス・プリングスハイム教授へのオマージュ

シクロデキストリンの歴史の中で、1912年から20年以上にわたってその化学と生化学に興味を持っていたドイツのプリングスハイム教授(1876-1940)の名前が挙がる。
教育

第7章: 薬物送達のためのナノ粒子系におけるシクロデキストリンの役割

本章では、シクロデキストリンをベースとしたナノ粒子に関する主な重要な研究をレビューし、高度な薬物送達、タンパク質およびペプチド薬物送達、遺伝子送達のためのその汎用性と高い可能性について論述している。
教育

第6章 シクロデキストリン系ポリマーの食品・医薬品用途への応用 歴史的レビュー

この章では、共有結合型シクロデキストリンを調製するための合成方法の進化を歴史的な観点から、グラフトまたは架橋機構のいずれかによって論じている。また、食品や医薬品分野での応用についても紹介している。
教育

第5章 触媒応用のための金属ナノ粒子とシクロデキストリン

本章では、金属ナノ粒子を活性相として用いた触媒におけるシクロデキストリンの歴史的な役割をいくつか取り上げてきた。実際、金属ナノ触媒の安定化剤としてのシクロデキストリンは、1983 年の小宮山と平井の最初の研究以来、広く研究されてきた。より複雑なシクロデキストリン系の保護剤を用いることで、得られるナノ粒子の安定性、触媒活性、リサイクル性が改善されてきた。
教育

第4章 ハンガリーにおけるシクロデキストリン生産の歴史

本章では、日本とほぼ同時期に、20世紀の70~80年代にハンガリーでシクロデキストリンの製造が開始された経緯を紹介する。適切な酵素の発見と単離、変換混合物から個々のシクロデキストリンの分離、生成物の分析、そして数トンのβ-シクロデキストリンの製造が開始されるまでの数百キログラム規模へのスケールアップなどの困難は、徐々に克服されていった。
タイトルとURLをコピーしました