分析

分析

グラフェンポリシクロデキストリン金ナノ集合体のゲストブリッジとしてのPEG化ビス-アダマンタンカルボキサミド

グラフェン(G)上に金ナノ粒子(Au NP)を組み込むことは、光吸収の増強につながるプラズモン効果を生み出す貴重な戦略であり、その結果、オプトエレクトロニクスデバイスの性能が向上する。
分析

一酸化炭素を生体内で高感度に定量するためのCD誘導体

一酸化炭素(CO)は、サイレントキラーとして知られるガス状分子である。血液中のカルボキシヘモグロビン(CO-Hb)の増加がCO中毒を定義する最良のバイオマーカーであると広く信じられているが、組織中のCO蓄積が死亡率の最も高い直接原因であるという事実はあまり調査されていない。組織中のCO含有量を正確に測定するには、ガスクロマトグラフィー以外に信頼できる方法がないのが現状である。
分析

ノーベル賞受賞者F.ストッダート氏が語るシクロデキストリン金属有機物フレームワークとその応用

γ-シクロデキストリン(γ-CD)とアルカリ金属カチオンからなるシクロデキストリン系有機金属錯体(CD-MOF)は、天然の糖質から大規模に合成できる多孔質で再生可能な食用MOFの一種である。γ-CDは、8つの非対称なα-1,4結合したD-グルコピラノシル残基からなるC8対称の環状オリゴ糖で、内径約1nm、深さ約0.8nmのバケツ型の空洞を有している。
分析

シクロデキストリンを用いた機能性システムのバイオメディカルへの応用に関するレビュー

このレビューでは、Xuら(2021)が、さまざまな機能性材料を設計するための出発点としてのCDの特徴と利点を強調し、バイオセパレーション、酵素触媒、生化学的センシング、生物医学的診断と治療のためのテセマティックスの使用における最近の進歩をまとめている。
タイトルとURLをコピーしました