CD誘導体

CD誘導体

スルホブチルエーテルβシクロデキストリンを用いたlonafarnibの製剤化

2021年5月20日にlonafarnib / SBECD製剤に関するPCT特許出願が公開された(WO2021095008, CycloLab, Hungary)。SBECDを使用することにより、前臨床試験で使用されたHPBCDベースの既知の懸濁液(Hernandezら、Science Translational Medicine, 11 , eaat3005 (2019))および他の先行技術文書よりも選択された検索機関(欧州特許庁)によって新規と評価された薬剤の可溶性複合体を達成することができた。
CD誘導体

へプタ分化β-シクロデキストリンのプログラム合成

シクロデキストリンの正確なヘテロ官能基化は、シクロデキストリン化学におけるよく知られたボトルネックである。実際、シクロデキストリンの多くの用途がその多官能化に依存しているにもかかわらず、現在では、いまだ困難な課題と考えられている位置選択的な方法ではなく、ランダムな官能化が一般的に用いられている。
CD誘導体

β-シクロデキストリンで機能化したキトサン、キサンタン、ローカストビーンガムネットワークの無溶媒架橋反応

シクロデキストリンを親水性の高分子架橋ゲルに配合することは、疎水性分子の収着を促進したり、活性物質の放出を調節したりするのに有効である。これらの賦形剤をマトリックスに共有結合で加えることにより、疎水性物質の保持能力を高めるための可溶化効果を統合することができる。
CD誘導体

Oculis、5700万米ドルのシリーズC資金調達を発表

現在の機関投資家に加えて、新たに国際的なライフサイエンス分野の有力投資家が加わり、資金調達を行う。・OCS-01およびOCS-02の開発を進め、初の網膜浮腫の外用薬を提供する。 ・主要なアンメットニーズを対象とした革新的な眼科用医薬品候補のパイプラインを拡大する。 ・当社の国際戦略を実行し、眼科医療のグローバルプレーヤーになること。
CD誘導体

医薬品におけるポリマー: グリーンケミストリーによる新しい架橋シクロデキストリン

ポリマーは、治療用途において非常に重要な成分であり、最大かつ多様性のあるバイオマテリアルの一種である [1,2]。合成ポリマーは,幅広い構造と適切な物理的・化学的特性を持つように設計・合成することができ,組織工学,ドラッグデリバリー,治療法,診断法などの多様なバイオメディカル用途に使用されている。
CD誘導体

シクロデキストリンによるインスリン療法の改善

最近公開された特許出願(US20210113666 - Systems, Methods and Products for Minimizing Tissue Reactions and Tissue Injury at an Infusion Site by Cell and Molecular Tissue Engineering, LLC)では、インスリン療法にシクロデキストリンを使用することの利点がいくつか述べられています。
CD誘導体

一酸化窒素を効率的に送達するための可視光活性化シクロデキストリン複合体と蛍光レポーターおよびベタキソロールとの包接体

βCD-NBFNO1およびβCD-NBFNO2は、N-ニトロソアミノ-ニトロ-ベンゾフラザンを、長さの異なる柔軟なスペーサーを介して、それぞれβCDスカフォールドの一次および二次水酸基部に共有結合させたものである[1]。両βCD共役体は水溶性で、青または緑の光を照射すると一酸化窒素を放出する。
CD誘導体

シクロデキストリン-医薬品製剤の熱力学的制約からの脱出

Drug Development and Delivery誌に、賦形剤に関する記事が掲載された。SPECIAL FEATURE - Excipients: Far From Inactive」と題して、様々な賦形剤の特性をまとめている。
CD誘導体

umbralisib/HPBCD錠がFDAより迅速承認を取得

米国食品医薬品局(FDA)は、PI3K-δおよびカゼインキナーゼCK1-epsilonを含むキナーゼ阻害剤であるumbralisib(Ukoniq, TG Therapeutics社)について、以下の適応症で迅速承認した。
CD誘導体

シクロデキストリン有機金属フレームワークへのメントールのカプセル化

Cyclodextrin (CD) -metal-organic frameworks (MOFs)は,食品にも使用できる新しいタイプの多孔質材料として開発されており,揮発性化合物の放出制御に大きな可能性を示している。本研究では,α-CD,β-CD,γ-CDを用いて結晶化させた硝酸カリウムからCD-MOFを合成し,さらにメントールのカプセル化を用いてその複合化能力を評価した。
タイトルとURLをコピーしました