CD誘導体

CD誘導体

ハーバード大学の研究者がSBECD可溶化アモジアキンのSARS-CoV2感染症に対する予防効果を発見

アモジアキンは、マラリア感染症の治療によく用いられる医薬品である。クロロキンに似た4-アミノキノリン化合物であり、COVID-19関連の研究で広く研究されている。
CD誘導体

二軸押出成形によるβ-シクロデキストリンポリマーの持続的メカノケミカル合成

シクロデキストリンナノスポンジ(CD-NS)は、架橋されたシクロデキストリンポリマーで、ナノ構造の3次元ネットワークを特徴とする。
CD誘導体

モノ-6置換シクロデキストリンのレビュー

モノ-6置換シクロデキストリンの合成と応用に関する膨大な文献を,KasalとJindrichがレビューし,最も有用でよく説明されている調製法を選択した。
CD誘導体

ホスト・ゲスト相互作用に基づく微粒子から形成される集合体の巨視的形状

生物の巨視的な集合体は、分子認識を利用したスマート材料の開発につながると考えられてきた。最近では、分子認識部位を有するミリメートルスケールのハイドロゲル片を用いて、分子認識に基づく巨視的な自己集合体が実現されている。
CD誘導体

アミド結合で環状化したシクロデキストリンベースのラジアルポリカテナンの合成とそれに続く水溶性誘導体の作製

CDベースのラジアルポリカテナンは,β-CDとチオール化したプルロニックとの間でポリプソイドロタキサンを形成し,その後ジスルフィド結合を介して環化することにより,ワンポットで合成される。
CD誘導体

特集「薬物動態・薬力学プロセスのためのバイオミメティック触媒システム」

特集「Biomimetic Catalytic Systems for Pharmacokinetic and/or Pharmacodynamic Processes」(https://www.mdpi.com/journal/catalysts/special_issues/biomimetic_catalytic)がCatalystsで組まれている。
CD誘導体

γ-CD製造の新しい経済的方法

Chemical Engineering News誌は、水蒸気蒸留の工程を省いたγ-シクロデキストリンの改良合成法について報じている("Taking the steam out of γ-cyclodextrin synthesis")。
CD誘導体

クルクミンを担持したβシクロデキストリンナノ粒子を用いた葉酸受容体を標的とした新規ドラッグデリバリーシステムによる癌治療への応用

クルクミンのバイオアベイラビリティ、バイオセーフティ、および薬物搭載容量を向上させるために、葉酸受容体を標的とした新規のβ-シクロデキストリン薬物送達担体を構築した。葉酸(FA)でナノ粒子を修飾することで、放出制御と標的送達を実現した。
CD誘導体

Liraglutideの腸内投与を目的とした修飾シクロデキストリンベースのナノ粒子の臨床前評価

近年、糖尿病患者に対する新たな治療法が開発されており、その中でもグルカゴン様ペプチド類縁体(GLP-1類縁体)は最も有用な治療法の一つとして注目されている。しかし、ヒトインスリン製剤と同様に、GLP-1類縁体は経口でのバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)が低いため、経口医薬品への展開は限られていた。
CD誘導体

β-シクロデキストリンを機能化した高分岐ポリマー

Wanら(2021)は、抗がん剤エピルビシン(EPI)の細胞内デリバリーを研究するために、高分岐ポリグリセロールポリマーで修飾され、多数のヒドラジド基で装飾されたβ-CD(β-CD-HPG-EBA-HHと命名)の合成とその利用可能性について発表した。
タイトルとURLをコピーしました