CD誘導体

CD誘導体

シクロデキストリン-医薬品製剤の熱力学的制約からの脱出

Drug Development and Delivery誌に、賦形剤に関する記事が掲載された。SPECIAL FEATURE - Excipients: Far From Inactive」と題して、様々な賦形剤の特性をまとめている。
CD誘導体

umbralisib/HPBCD錠がFDAより迅速承認を取得

米国食品医薬品局(FDA)は、PI3K-δおよびカゼインキナーゼCK1-epsilonを含むキナーゼ阻害剤であるumbralisib(Ukoniq, TG Therapeutics社)について、以下の適応症で迅速承認した。
CD誘導体

シクロデキストリン有機金属フレームワークへのメントールのカプセル化

Cyclodextrin (CD) -metal-organic frameworks (MOFs)は,食品にも使用できる新しいタイプの多孔質材料として開発されており,揮発性化合物の放出制御に大きな可能性を示している。本研究では,α-CD,β-CD,γ-CDを用いて結晶化させた硝酸カリウムからCD-MOFを合成し,さらにメントールのカプセル化を用いてその複合化能力を評価した。
CD誘導体

シクロデキストリン-有機金属フレームワーク(CD-MOF)の食品への応用に関するレビュー

典型的な可食性,再生可能性,生分解性を有するシクロデキストリン-有機金属錯体(CD-MOF)の食品への応用については,最近2つのグループによって検討されている[1,2]。CD-MOFは,その高い比表面積と良好な生体適合性の特性から,徐々に食品産業の研究者の注目を集めてきた。
CD誘導体

微小汚染物質除去のためのグリーンリソースからのナノファイバー超架橋シクロデキストリン膜

清浄な水の不足につながる主要な人間活動による水質汚染は重要な問題であり、この点において、繊維用染料や多環芳香族炭化水素(PAH)などの工業関連汚染物質の環境への放出は、水資源を汚染し、海洋生態系と人間の健康を危険にさらす。
CD誘導体

大腸がん治療のためのRegorafenib@マンノース-γ-シクロデキストリンチャネル型ナノ粒子

大腸がんの悪性化には、炎症や腫瘍関連マクロファージ(TAM)が関与しているが、大腸がんに対する有効な治療法は限られている。そこで、我々は、マンノース修飾γ-シクロデキストリン(M-γ-CD)とレゴラフェニブ(RG)との自己組織化による生体適合性の高い非共有結合型のチャネル型ナノ粒子(CNP)を開発した。
CD誘導体

特集:「機能性シクロデキストリンの新潮流」

MDPIが発行するオープンアクセスジャーナルMolecules (IF 3.267)に、New Trends in Functionalized Cyclodextrinsというテーマの特集号が掲載される。
CD誘導体

ヘプタキス(6-アミノ-6-デオキシ)-β-シクロデキストリンは合成抗凝固剤フォンダパリンを安定化する

最近発表された研究では、カチオン性のper-6-アミノ-β-CDと強アニオン性のヘパリンアナログ抗凝固剤フォンダパリンとの間の分子間相互作用は、2つの異なる - 生理学的pH(pD 7.4)と酸性pH(pD 2.0) 値で研究された。両方のpH条件では、NMR研究に基づいて反対に帯電した炭水化物間の強い静電相互作用が同定された。酸性条件下では、熱力学的に安定な(log b > 4.9)高親和性系がNMR実験によって記述された。
CD誘導体

HPBCDはヤンセンのCOVID-19ワクチン候補に含まれるユニークな成分

ヤンセンのアデノウイルスプラットフォーム賦形剤の新規単回投与Covid-19ワクチン候補の中で、一風変わった化合物に気づくかのしれない。ヒドロキシプロピルベタデックス(HPBCD)である。
CD誘導体

エステル架橋β-シクロデキストリンナノスポンジ:架橋密度の効果

架橋密度は、薬物送達を含む様々な目的で使用されるシクロデキストリン系ナノスポンジ(CD-NS)の物理化学的特性に影響を与える。これまで、架橋剤の種類や含有量がNSの性能に与える影響は研究されてきたが、架橋密度の詳細な研究はこれまで行われていなかった。
タイトルとURLをコピーしました