CD誘導体

CD誘導体

HPBCDを可溶化した薬剤候補が前立腺腫瘍の治療に有効であることを発見 – Nature誌に発表

ミシガン大学の科学者たちは、前立腺がんを促進するいくつかの遺伝子が依存する重要な結びつきを説明し、この病気を治療するための新しいアプローチになりうると述べている。
CD誘導体

ロナルド・C・D・ブレスロー(1931~2017年)

ここでは、ロナルド・チャールズ・D・ブレスロー教授(1931-2017)の60年を超える研究キャリアにおける主要な研究成果をレビューする。
CD誘導体

CD誘導体のGRAS化

かという質問があった。以下の回答を示す。
CD誘導体

Veklury®(Remdesivir)とSARS-CoV-2 Omicron Variantに関するGilead社のステートメント

ギリアド社は、現在入手可能なOmicron変異体の遺伝子情報を分析した結果、以前のSARS-CoV-2変異体と比較して、ウイルスのRNAポリメラーゼに新たな有病率の高い変異がないことを発見した。
CD誘導体

天然の深層共晶溶媒を用いたβ-シクロデキストリンポリマーのメカノシンセシス

β-シクロデキストリン(βCD)ベースのポリマーは、過去10年間で医薬品、食品、環境などの様々な分野での応用が確認されている材料の一種である。
CD誘導体

シクロデキストリンはKV1.3イオンチャネルに膜のコレステロール抽出とは無関係にリガンド様の電流抑制効果を示す

CDが細胞機能に及ぼす影響は、一般的にコレステロール濃度の低下に起因すると考えられている。
CD誘導体

新規β-シクロデキストリン-フルバスタチン結合体の合成と生物学的評価

アルツハイマー病やニーマンピックC型病などの神経疾患の治療薬として、スタチン系薬剤(コレステロールの合成を抑制する薬剤)やシクロデキストリン系薬剤(コレステロールの排出を促進する薬剤)など、脂質代謝を調節してコレステロールを低下させる薬剤の研究が進められている。
CD誘導体

β-シクロデキストリンとその誘導体:廃水処理への応用

β-シクロデキストリン(β-CD)ベースのポリマーおよびナノシステムに関する最近のレビューによると、吸着剤として、従来の浄水方法と比較して、排水中の無機、有機、重金属の不純物を高い効率と能力で除去できることが示されている。
CD誘導体

大環状化合物の設計とバイオメディカルへの応用-Frontiers in Chemistryの研究テーマ

Frontiers in Chemistry (IF: 5.221, Q1)に研究テーマが掲載された。
CD誘導体

β-シクロデキストリンの構造を調整して、アントラキノン由来の薬剤との複合化を改善する

芳香族トリアゾール環を有するCD誘導体を、アントラキノン骨格を持つ薬剤(アントラキノン-2-スルホン酸(AQ2S)、アントラキノン-2-カルボン酸(AQ2CA)、および一般的なアントラサイクリンであるダウノルビシン(DNR))のキャリアーとして検討した。
タイトルとURLをコピーしました