CD誘導体

CD誘導体

CNR-ISMN ナノ構造材料研究所のCDを基盤とするナノ粒子

CNR-ISMN ナノ構造材料研究所の研究グループでは、非ステロイド性抗炎症薬ジクロフェナク(DCF)を担持したポリ-β-アミノ-シクロデキストリン(PolyCD)を基盤分子とする超分子相互作用で連結したナノアセンブリーを開発した。
CD誘導体

第8章 水不溶性シクロデキストリン-エピクロロヒドリンポリマー

本章の目的は、水溶液からの汚染物質除去のための複合材料としての水不溶性シクロデキストリン-エピクロルヒドリンポリマーについて、著者の研究グループが過去30年間に行ってきた研究をまとめたものである。
CD誘導体

β-CDポリマーマイクロスフィアを用いた高温用水性掘削流体の濾過還元剤としての可能性

本研究では、掘削流体の濾過特性を改善するための潜在的な候補として、β-CDポリマーマイクロスフィア(β-CDPM)を使用することの実現可能性を研究した。
CD誘導体

経口インスリン送達のためのNACとArg修飾HPBCDを基盤とした包接複合体

インスリンは糖尿病の治療に最も効果的な薬剤である。現在、皮下注射はまだインスリン送達のための一般的な方法である。しかし、患者のコンプライアンスが高く、侵襲性が少ないことから、経口投与が最も好ましい方法と考えられている。本研究では、新規なN-アセチル-L-システインおよびアルギニン修飾ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(NAC-HP-β-CD-Arg)の合成に成功し、その特徴が調べられた。
CD誘導体

インフルエンザAウイルスに対する酸化型CD重亜硫酸塩の効果

これまでの報告では、オリゴ糖や多糖類のスルホ誘導体に基づく化合物が高い抗ウイルス活性を有することが示されている。本研究では,β-シクロデキストリンの新規スルホン化誘導体(KS-6469)のインフルエンザウイルスA/WSN/33(H1N1)感染をin vitroおよびin vivoで阻害する能力を検討した。
CD誘導体

β-シクロデキストリンメシチレンスルホン酸塩の機械的アシスト合成

振動ボールミルを用いた固体状態でのβ-CDメシチレンスルホン酸(β-CDMts)合成におけるβ-CDの粒子径の反応速度論への影響を検討した。この研究では、β-CDを粉砕することで、時間の経過とともに粒子径が167nmの限界まで小さくなることが示された。
CD誘導体

水からのパーフルオロアルキル物質、ポリフルオロアルキル物質の除去

パーおよびポリ フルオロアルキル物質(PFASs、またパーフルオロアルキル化された物質)はアルキル鎖に付された多数のフッ素原子がある総合的な有機フッ素の化学化合物。それらは少なくとも1つのパーフルオロアルキル部分、-CnF2n-を含んでいる。OECDによると、少なくとも4730種類のPFASが存在する。サブグループであるフッ素系界面活性剤またはフッ素化界面活性剤は、フッ素化された「テール」と親水性の「ヘッド」を有している。それらは、同等の炭化水素系界面活性剤よりも水の表面張力の低減に効果的である。
CD誘導体

架橋β‑シクロデキストリントリプレットの自己包接と解離

最近の論文では、Gaoらは、平面状のトリフェニルベンゼンコアのブリッジングアームのいずれかに各CD基が連結されたβ-CD三量体の合成と構造研究を発表した。この化合物はCuAACクリック反応により合成され、自己包接と解離を調べた。
CD誘導体

ギリアド・サイエンシズ、重度のCOVIDー19患者に対する日本でのVeklury®(レムデシビル)の特例承認を発表

日本は、重度のCOVID-19患者の治療のためにギリアド・サイエンシズ社の抗ウイルス薬レムデシビルを特例承認した。レムデシビル注射剤にはスルホブチルエーテルβ-シクロデキストリンが添加剤として配合されている。
CD誘導体

スガマデックスとクロルプロマジンとの複合体形成–非常に高い安定度定数

ITC及びNMRを用いた詳細な研究に関するin press論文において、スガマデックスとクロルプロマジンは6.37x109 M(-2)という極めて高い安定度定数を有するモル比1:2の複合体を形成する結果が報告された。
タイトルとURLをコピーしました