β-シクロデキストリンとその誘導体:廃水処理への応用

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

β-シクロデキストリン(β-CD)ベースのポリマーおよびナノシステムに関する最近のレビューによると、吸着剤として、従来の浄水方法と比較して、排水中の無機、有機、重金属の不純物を高い効率と能力で除去できることが示されている。疎水性のキャビティは、ホスト・ゲスト相互作用によって包接複合体を形成する。水酸基は、汚染物質との水素結合および静電的相互作用の場を形成する。さらに,水酸基は,効率的な吸着材料として望ましい特性を付与するために,さまざまな誘導体化や重合反応をもたらす修飾部位でもある。この記事では、β-シクロデキストリンの様々な誘導体、そのナノ粒子システム、およびそれらの特性評価と、廃水から様々な種類の不純物を除去するための応用について説明する。また、その合成のための化学反応や吸着のメカニズムについても紹介している。

Chodankar, D., Vora, A. & Kanhed, A. β-cyclodextrin and its derivatives: application in wastewater treatment. Environ Sci Pollut Res (2021). https://doi.org/10.1007/s11356-021-17014-3

コメント

タイトルとURLをコピーしました