がん免疫療法におけるサイトカインの臨床応用

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイトカインは、免疫系の重要な構成要素であり、抗がん剤による免疫反応に重要な役割を果たしている。サイトカインを治療薬や標的として用いることで、がんの精密な治療が可能になると期待されている。著者らは、がん免疫サイクルにおけるサイトカインのさまざまな役割を概観し、特にがん治療におけるサイトカインベースの薬剤の臨床研究に焦点を当てている。ClinicalTrials.govに登録されている、2021年1月までに募集を完了した2630件のがん臨床試験を対象に、27種類ものサイトカインをレビューし、サイトカインごとに重要な事例をまとめている。また、サイトカインの治療用途における送達効率、安定性、生体適合性、入手のしやすさを向上させるための方法について、最近の進展を取り上げている。

下の表は、これまでに発表されたナノ粒子のフォーミュレーションをまとめたものである。CDによるタンパク質製剤の利点はよく知られているが、シクロデキストリンの研究者にはこの分野は未開拓かもしれない。

Qiu Y, Su M, Liu L, Tang Y, Pan Y, Sun J (2021) Clinical Application of Cytokines in Cancer Immunotherapy. Drug Design, Development and Therapy 15, 2269—2287. DOI https://doi.org/10.2147/DDDT.S308578

コメント

タイトルとURLをコピーしました