インジェクタブル・ドラッグ・デリバリー会議

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第4回Injectable Drug Delivery Conferenceが2022年5月11日、12日にイギリス・ロンドンで開催される。

ワクチン、インスリン、そして癌やその他の慢性疾患の治療に使用される多くの現代医薬品の需要が高まっている。生物製剤は主に注射ルートで投与されるため、生物製剤市場の著しい成長は、今後数年間、注射薬物送達およびプレフィルドシリンジ市場を牽引すると予想される。注射剤市場は、複合年間成長率12.9%で上昇し、2027年には9,150億ポンドに達すると予想される。

今年のイベントでは、注射剤業界における持続可能性の重要性に焦点を当てるとともに、発生した変化に関する規制当局の見識も提供する。また、covidが過去1年間にこの業界の成功に及ぼした影響にも焦点を当てる。この会議では、業界内の成功事例や、長期持続性、高粘度、大容量のドラッグデリバリーにおけるフォーミュレーションの課題にも焦点が当てられる。 詳細とウェブサイトはこちら>>

2022年の招聘座長

ジョエル・リチャード(MedinCell社最高開発責任者)
レネ・ホルム(南デンマーク大学教授)
2022年の注目の講演者は以下の通りです。

クリスティアーナ・ヒース(ベーリンガーインゲルハイム、パッケージングエンジニア
マイケル・ベッカー(ベーリンガーインゲルハイム、パッケージングエンジニア
ファティマ・ベンナイ=サンフールシュ バイエル社医療機器・eヘルスQA・RAコンプライアンス担当シニアディレクタ
David Deutsch, Mhra ライセンシング部門リーディングシニアアセッサー
GSK デバイスエンジニアリング部長 Steve Chamberlain氏
コナー・オニール(GSK パッケージング開発責任者
ハリエット・ルイス キエジ社 市場アクセス・パブリックアフェアーズ部門責任者
フィオナ・アドスヘッド(サスティナブル・ヘルスケア連合会長
クレメンス・ギュンター バイエル、非臨床安全性シニアエキスパートディレクター
アストラゼネカ社 医療機器・配合剤部門 アソシエイトディレクター プラシャント・バティア氏

コメント

タイトルとURLをコピーしました