カルボキシメチル-γ-シクロデキストリンは、アミノステロイド系神経筋遮断薬によって誘発される神経筋ブロックを逆転させる新規の選択的弛緩剤結合剤である:ex vivo実験室試験

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

手術終了時に神経筋ブロックが残っていると、患者の安全性が損なわれる可能性がある。気道合併症のリスクは、神経筋の機能をモニタリングし、必要に応じて神経筋ブロックを解除することで最小限に抑えることができる。効果的な逆転は選択的弛緩剤結合剤で達成できるが、このグループで臨床的に承認されている薬剤はスガマデクスだけである。本研究では、新規の選択的弛緩剤結合剤であるカルボキシメチル-γ-シクロデキストリンを神経筋ブロックの反転に用いることを検討した。

Wistar系雄性ラットから鎖骨神経-横隔膜組織を分離し,組織ホルダーに懸垂して神経の電気刺激と筋収縮力のモニタリングを行った。神経筋遮断剤であるロクロニウム,ピペクロニウム,ベクロニウムの濃度反応関係を構築した。スガマデクスとカルボキシメチル-γ-シクロデキストリンの神経筋遮断を逆転させるための半有効濃度を求めた。

その結果、カルボキシメチル-γ-シクロデキストリンは、スガマデクスよりも効果的ではあるが、神経筋ブロックを逆転させる力は弱いと結論づけられた。

Fábián ÁI, Tassonyi E, Csernoch V, Fedor M, Sohajda T, Szente L, Fülesdi B. Carboxymethyl-γ-cyclodextrin, a novel selective relaxant binding agent for the reversal of neuromuscular block induced by aminosteroid neuromuscular blockers: an ex vivo laboratory study. BMC Anesthesiol. 2021 Aug 17;21(1):206. doi: 10.1186/s12871-021-01424-4. 

コメント

タイトルとURLをコピーしました