キャピラリー分離技術における主要なキラル選択剤としてのCD

スポンサーリンク
スポンサーリンク
分析
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本論文では,キャピラリーカラム(GC, SFC, CE)を用いたキラル分離において,シクロデキストリンが重要な役割を果たしていることを紹介する。シクロデキストリン(CD)は、複数の異なるキラル認識部位が様々な配置で存在し、様々な相互作用モードを持つため、非常に幅広いキラル選択性スペクトルを持つ。これらのキラル選択性は,様々な置換基によってさらに向上する。その選択性は中程度であるため、良好なキラル分解能を得るためには、高効率の分離装置(キャピラリーカラム)が必要である。シクロデキストリンの形状選択性は、非キラルな異性体でも発揮されます。シクロデキストリンの有用性は、著者の個人的な観察と文献の批判的なレビューに基づいて、いくつかの例で示されています。また、キラル認識の理論的背景(例:H-bond interaction, inclusion, induced fit)についても深く議論している。この論文はアプリケーション指向ではなく、主にCDを用いた分離の物理的・化学的背景について扱っている。

著者らは,シクロデキストリンの柔軟な構造が中程度のキラル選択性を生み出し,それはGCやCEのキャピラリーカラムの高い効率性によって補われ,エナンチオマーペアの良好な分離を達成することができると結論づけている。これが、キラル分離において、GCやCEのキラル選択剤としてシクロデキストリンが圧倒的に多く使われている理由である。

Zoltán Juvancz, Rita Bodáné-Kendrovics, Lajos Szente, Dóra Maklári (2021) Cyclodextrins as Dominant Chiral Selective Agents in the Capillary Separation Techniques. Periodica Polytechnica Chemical Engineering, 65(4), 580–594. https://doi.org/10.3311/PPch.18067

コメント

タイトルとURLをコピーしました