スポンサーリンク

コロナウイルスと脂質ラフトとオートファジーとの相互作用により有望な治療標的の解明

医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

細胞膜マイクロドメイン脂質ラフトは、新型コロナウイルスを含む多数のウイルスの複製サイクルに関与していることが研究者によって明らかにされている。実際、コロナウイルスの病原体認識受容体は、他のウイルスと同様に脂質ラフトに集積しており、ウイルスと宿主細胞との最初の接触は、これらの特殊な領域に発生し、ウイルスの細胞侵入口となっていると考えられている。最近のデータでは、ウイルス感染に対する宿主免疫応答においてオートファジーが果たす特異的なプロウイルスまたはアンチウイルスの役割が示されている。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました