サイクロピュア社のDEXSORB®吸着剤は、イオン交換よりも優れた性能を発揮する。

環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カチオン性化合物と双性化合物を除去することで、飲料水中のポリフルオロアルキル物質(PFAS)の処理にDEXSORB®の価値提案が拡大 同社のポリマー製剤の優れた性能が、2020年9月14日付のEnvironmental Science & Technology誌に掲載された。

飲料水に含まれるPFASとそれに伴う健康への影響に対する懸念は広く知られている。最も注目されているのは、PFOA、PFOS及びその他の陰イオン性(負に帯電した)PFAS化合物である。ほぼ20の州が独自の最大汚染レベルを採用しているか、または採用中であり、中にはPFOAの場合は8ppt、PFOSの場合は10pptと低いものもあれば、最大6種類のPFAS化合物の組み合わせに対して20pptの制限を設けているものもある。しかし、PFOAとPFOSを含む工業プロセスや製品の多くは、カチオン性化合物、双性イオン性化合物、非イオン性化合物からなる他の様々なPFASクラスを含んでおり、これらも飲料水に混入している。

パーフルオロアルキル物質(PFAS)は、アニオン性,カチオン性,双性イオン性,非イオン性の混合物として地下水中に存在するが、その除去技術はほとんど評価されていない。本研究では、3種類のβ-シクロデキストリンポリマー(CDP)、アニオン交換樹脂(AE)及びカチオン交換樹脂(CE)を用いて、水中からのアニオン性,双性イオン性及び非イオン性PFASの除去性能を評価した。その結果、陰性のCDPは、陰性のCDPと陽イオン交換樹脂は、陰性のCDPと比較して 表面電荷を持つCDPは対数KDが2.4から3.1の範囲の全双性イオン性PFASを迅速に除去し,CE樹脂は対数KDが1.8と1.9の2つの双性イオン性PFASを迅速に除去した。

本研究では、正の表面電荷を持つCDPは陰イオン性PFASを急速に除去し、対数KD値は2.7から4.1の間であった。また,吸着剤はいずれも非イオン性PFASの除去量にばらつきがあり,高いpH値や地下水母体成分の存在下では吸着阻害が見られた.これらの結果は、異なる種類のPFASが混在する複雑な混合物で汚染された地下水を浄化するために、吸着剤をどのように組み合わせることができるかについての知見を提供するものである。

Ching, C., Klemes, M. J., Trang, B., Dichtel, W. R., & Helbling, D. E. (2020). β-Cyclodextrin Polymers with Different Cross-Linkers and Ion-Exchange Resins Exhibit Variable Adsorption of Anionic, Zwitterionic, and Nonionic PFASs. Environmental Science & Technology. doi:10.1021/acs.est.0c04028

Cyclodextrin Newsがサイクロピュア吸着剤の開発を報告するのは今回が初めてではない。こちらもご覧ください。

Cyclodextrin News
Cyclodextrin News, crosslinked beta-cylodextrin, micropollutants, per- and polyfluorinated alkyl substances (PFAS), wastewater treatment
Cyclodextrin News
Cyclodextrin News, cartridge, polyfluorinated alkyl substances, PFAS, groundwater
Cyclodextrin News
CyclodextrinNews, cyclodextrin polymer, wastewater treatment, micropollutants, beverages

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました