サイクロラボのウェブセミナー “21世紀の有効成分としてのシクロデキストリン “でのアンケート結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年10月14日

サイクロラボのウェブセミナー “21世紀の有効成分としてのシクロデキストリン “でのアンケート結果

2021年10月11日に開催されたサイクロラボのウェビナー “Cyclodextrins as active ingredients in the 21st century “では、参加者の皆様にいくつかの質問に回答を得た。アンケートの結果は以下の通り。

参加者は、次にCDが医薬品として応用されるのは、抗がん剤治療や中枢神経系の病気に使われると考えている。意外なことに、ポリマー(ナノスポンジ)は、APIとして適用される次のCD誘導体であると予想されている。承認に関しては、SugammadexやSBECDの新しい適応を見つけるのは簡単なようである。静脈内投与は、他の投与経路よりも実行可能性が高いと思われる。製品開発における主な障害は、CDの薬物動態学的プロファイリングと生物学的アッセイに関する問題である。

参加者は、スガマデクス(シクロデキストリンをベースにした最初のAPI)が成功した主な理由は、他のAPIと比較して優れた性能を持ち、新しい作用機序を持つことだと考えている。次の質問はクイズだった。スガマデクス(合成、精製、物理的特性に関連する)について、今日までに何件のフォローアップPCT特許出願がなされ、公開されたでしょうか?正解は28件。

シクロデキストリン誘導体の合成に関する問題が2問出題された。参加者の多くは、アセチルが最適な保護基であり、ハロゲノCDが様々なCD誘導体の合成における最適な中間体であると考えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました