サイクロ・セラピューティクス社がリード候補であるTrappsol® Cyclo™の臨床開発プログラムから得られたポジティブなデータをWORLDSymposium 2021で発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイクロ・セラピューティクス社(Cyclo Therapeutics, Inc.)は、ニーマン・ピック病C型およびアルツハイマー病治療のためにシクロデキストリンをベースとした製品を開発している臨床段階のバイオテクノロジー企業であり、同社のリード候補であるTrappsol® Cyclo™の臨床および薬剤開発プログラムから良好なデータが得られたと発表した。

これらのデータは、2021年2月8日から12日に開催される、ニーマン・ピック病タイプC(「NPC」)を含むリソソーム貯蔵疾患の理解と治療の促進に取り組む専門家のための主要な医学・科学会議である第17回年次WORLDSymposium 2021で発表される。

進行中のフェーズ1/2の安全性と有効性の結果

Trappsol® Cyclo ™の第1/2相試験では、2歳以上のNPC患者を対象に、3つの用量群(1500、2000、2500mg/kg)を48週間にわたり隔週で静脈内投与(静脈内投与)して評価した。12名の患者の登録は2020年2月に終了した。患者さんの最終診察は2021年2月に予定されている。中間非盲検分析は2020年5月に実施された。現在までのところ、個別の安全性データおよび累積安全性データによると、本剤はすべての用量群において良好な安全性プロファイルを有し、忍容性が高いことが示されている。

これまでに報告されたデータでは、本剤の静脈内投与によるコレステロール合成および代謝マーカーへの影響が示されている。薬物動態データでは、すべての用量レベルにおいて、本剤は点滴中および点滴終了後も脳脊髄液中に存在することが示されている。血漿中のリゾスフィンゴミエリン509は、48週間の試験で明らかな減少傾向を示したが、明らかな用量相関は認められず、リソソームから脂質を除去する本剤の能力をさらに裏付けるものとなっている。神経変性のバイオマーカーであるタウは、腰椎穿刺を選択した患者の脳脊髄液中で24週目と48週目に減少しており、本剤の神経保護効果を示唆している。2020年9月時点で試験を終了した7名の患者のうち、6名(86%)が本試験の第1の有効性基準である「17-domain Severity Scale」の2つの領域の改善を達成した。また、第2の有効性のアウトカム指標である「疾患のグローバル印象のベースラインからの変化」については、7名中5名の患者が「臨床医によるグローバル印象の改善」スケールで改善し、2名の患者は安定していた。

第1相臨床試験の結果とNPC疾患のバイオマーカーへの投与効果について

NPC1患者を対象としたTrappsol® Cyclo™の第1相試験は、無作為化二重盲検試験であり、対照群は置かなかった(NCT02939547)。18歳以上の患者を対象に、1500または2500mg/kgのいずれかを8~9時間かけて隔週7回、静脈内投与した。安全性データによると、2500mg/kg投与群では一過性難聴に関連した重篤な有害事象が3件発生したが、両用量とも良好な安全性プロファイルを示した。薬物動態学的には,Tmaxは6~8時間,T½は2時間であった。本剤は輸液開始4時間後に脳脊髄液(CSF)中に検出され,輸液後4時間まで持続した。静脈内投与はコレステロールの恒常性に影響を与え、一過性の総コレステロール値の上昇、コレステロール合成および代謝の血清マーカー、および肝生検で両用量ともに有意なコレステロールクリアランスを示したデータから証明されていた。リゾスフィンゴミエリン-509は、ほとんどの患者で連続して注入することで有意に減少した。リゾチームを含む炎症の血漿バイオマーカーは全般的に減少した。CNS内での効果はCSFバイオマーカーであるタウがベースラインと比較して10人中6人の患者で減少し、神経保護効果を示唆しており、CNS由来のコレステロール代謝物である24S-ヒドロキシコレステロールの血清中での増加を示した。3名の患者が嚥下障害を改善し、1名の患者さんが17項目のNPC重症度尺度で測定された認知障害を悪化さた。

個々の用量を投与した後、試験終了時には、何人かの患者から、集中力が高まった、社会的な交流が活発になった、会話や活動を開始しやすくなった、過去にさかのぼって言葉を見つける能力が向上した、咳をせずに飲み込む能力が向上した、体勢や歩行が改善した、などの報告があった。

対象となる8名の患者(米国在住者)全員がエクステンション・プロトコルに登録され、在宅で輸液を受けている。2020年9月の初期有効性評価では、一部の患者で顕著な臨床的改善を伴う疾患の安定化が示された。

これらの知見は、NPC1患者さんにおけるコレステロール代謝および肝コレステロールクリアランスにポジティブな影響を与えるターゲットエンゲージメントを確認し、NPC1治療薬としてのTrappsol® Cyclo™の継続的な評価を支持するものである。

口頭ポスター発表は、当社のウェブサイトの「プレゼンテーション」セクションで見ることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました