シクロデキストリン、ドラッグベクターを超えて。投与方法が重要な場合

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シクロデキストリン(CD)は、優れた薬物キャリアとして知られているが、活性薬物としての応用も研究されている(オーファンドラッグ、抗ウイルス剤など)。しかし、シクロデキストリンを投与したときに薬剤の活性が高まることについては、明確な説明がない。フランチェスコ・トロッタ博士(イタリア、トリノ)のチームは、ポリマーに関する最近のレビュー「Cyclodextrin Monomers and Polymers for Drug Activity Enhancement」の中で、この問題の可能な説明を得ることを試みた。検討された数多くの研究によると、薬剤は複合体の形でより活性が高くなるようだ。これは、安定性を高め、さまざまな物理化学的要因(pH、温度、活性酸素)による分解を防ぐ純粋な薬剤の貯蔵庫を確立するためである。バイオアベイラビリティの増加は、分子の見かけの溶解度の増加によって説明がなされる。その一方で、いくつかの薬剤に対するCDの固有の活性は、見かけ上の薬剤活性の増加をもたらす可能性がある。

驚くべきことに、この総説では、包接体が形成されれば、濃度だけでなく、さまざまな生物活性が改善されることが示されており、近い将来、他の高度なアプリケーションの新しい領域を切り開くことが期待される。

[1] Matencio, A., Hoti, G., Monfared, Y. K., Rezayat, A., Pedrazzo, A. R., Caldera, F., & Trotta, F. (2021). Cyclodextrin Monomers and Polymers for Drug Activity Enhancement. Polymers, 13(11), 1684. https://doi.org/10.3390/polym13111684

コメント

タイトルとURLをコピーしました