シクロデキストリンの分子親和性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Jicsinszkyらの最近のレビュー(2021年)では、様々な抗ウイルス剤の処方におけるシクロデキストリンの利点と限界について、CDの本質的な抗ウイルス効果についても言及している。

このレビューでは、最も頻繁に研究されているCD誘導体の分子親油性を比較し、SBECDによる最も親油性の高い特性を示している。

HPBCD、RAMEBおよびSBECDの分子親油性について(Jicsinszky et al. Drug Delivery Science and Technology, 102589, https://doi.org/10.1016/j.jddst.2021.102589)

この論文はCyclodextrin Newsブログで紹介された。

László Jicsinszky, Katia Martina, Giancarlo Cravotto (2021) Cyclodextrins in the antiviral therapy, Journal of Drug Delivery Science and Technology, 64, 102589, https://doi.org/10.1016/j.jddst.2021.102589.

コメント

タイトルとURLをコピーしました