スポンサーリンク

シクロデキストリンの歴史 第1章

教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「シクロデキストリンの歴史」[1]の第1章では、シクロデキストリンの発見、開発、応用の歴史を概観している。

1891 年の発見以来、シクロデキストリンの歴史にはいくつかの時期があった。1891年から1911年までの発見と特性化を経て、1911年から1935年までは疑心暗鬼の時期があった。その後、構造的な成果に特徴づけられた1935年から1950年までの探究期間が続き、1950年から1970年まで成熟期を迎える。1970年以降の使用期間は継続しており、シクロデキストリンは多くの工業的用途を見出している。

本章では、シクロデキストリンの歴史の多くの側面が回想されており、若い人たちだけでなく、これらの時代の少なくとも一部を知っている人たちにとっても興味深い内容となっています。

Morin-Crini, N., Fourmentin, S., Fenyvesi, É., Lichtfouse, E., Torri, G. Fourmentin, M., Crini, G. (2020) シクロデキストリンの歴史。Crini, G., Forurmentin, S., Lichtfouse, E. (eds.) The History of Cyclodextrins. シュプリンガー, ニューヨーク. pp. 3-95.

The History of Cyclodextrins | Grégorio Crini | Springer
This book presents the historical development of Cyclodextrins by scientists who have made outstanding contribution to the field. Cyclodextrins are safe, cage-l...

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました