シクロデキストリンは、眼球内注射に使用しても安全か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シクロデキストリンは、眼球内注射に使用しても安全か?

シクロデキストリンは様々な投与経路で優れた賦形剤であるが、投与量が非常に少なく、投与量を多くする必要がある点で、点眼薬はシクロデキストリンの最も有用な用途の一つとなる可能性がある。点眼薬には、欧州医薬品庁で認められているいくつかのシクロデキストリンがあるが、シクロデキストリンを含む眼科用製品はまだほんの一握りしかない。一般的な4種類のシクロデキストリン誘導体はすべて点眼剤に使用することができ、ヒドロキシプロピルγ-シクロデキストリン(HPGCD)やランダムメチル化β-シクロデキストリン(RAMEB)は、USPやPh.Eur.のモノグラフがないが、これらのシクロデキストリンを含む点眼剤が上市されている。安全性の高いヒドロキシプロピルβシクロデキストリン(HPBCD)やスルホブチルエーテルβシクロデキストリン(SBECD)も、もちろん眼科用の賦形剤として有力な候補である。ネイティブのシクロデキストリンは、点眼薬としての有用性はやや低いが、ガンマシクロデキストリン(GCD)も優れた安全性を持つ点眼薬の候補である。

シクロデキストリンを含む点眼剤は、非侵襲的な選択肢として、眼球内注射による治療に取って代わることを目的としている場合もあるが、シクロデキストリンを用いて眼球内経路を探索することは有益です。最近では、私たちも報告したように、SBECDは網膜のリポフスチンレベルを低下させる可能性があるとして、スターガルト病のオーファンドラッグとして認められた。シクロデキストリン自体は、ほとんどの場合、生体表面に浸透することができないため、ReVisionの治療の場合、REV-0100は、患者さんに眼球内注射で投与される予定である。

シクロデキストリンの眼内投与は非常に新しい方法であるため、この方法によるシクロデキストリンの安全性と毒性に関する情報は多くはないが、この穴は徐々に埋められつつある。2021年春、Thorsteinn Loftsson教授のグループは、チュービンゲン大学のInstitute for Ophthalmic Researchと共同で、Manisha Prajapatiが最初に執筆した論文を発表した(Prajapati et al 2021)。この論文では、HPBCDとRAMEBの網膜細胞毒性を調べ、これらのin vitro/ex vivo研究によって眼内毒性について何がわかるかについての結果を述べようとしている。

この研究では、野生型マウスの網膜摘出標本を用いて、末端デオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼによるDUTPニックエンドラベリング(TUNEL)によって網膜の内側および外側の細胞毒性を評価し、蛍光顕微鏡によって蛍光標識したRAMEBおよびHPBCD誘導体の網膜への取り込みを測定した。シイクロデキストリンの濃度は10mMと100mMで、これはRAMEBとHPBCDの1.3〜1.4%と13〜14%(w/v)の濃度にほぼ等しい。その結果、RAMEBはHPBCDよりも毒性が強く、網膜は10mMという高濃度のHPBCDにも安全に耐えられることがわかった。この2つのシクロデキストリンの違いは、RAMEBがHPBCDよりもコレステロールの可溶化に約5倍優れていることで説明できるかもしれない。蛍光検査では、どちらのCDも網膜の内核層の奥深くまで浸透することがわかった。これらの結果から、HPBCDはRAMEBよりも安全性が高いと考えられ、「眼内投与を目的とした薬剤の開発において、CDの使用が促進される可能性がある」という著者の見解に同意できる。

参考論文: Prajapati, M.; Christensen, G.; Paquet-Durand, F.; Loftsson, T. Cytotoxicity of β-Cyclodextrins in Retinal Explants for Intravitreal Drug FormulationsMolecules 2021, 26https://doi.org/10.3390/molecules26051492

写真提供:https://iris-photo.com.au/

コメント

タイトルとURLをコピーしました