シクロデキストリン二量体:カプセル化を最適化するための汎用的なアプローチと、毒性のあるオキシステロールの治療用抽出への応用

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本研究では、7-ケトコレステロール(7KC)などの有害な生体分子を封じ込めるために、特別に設計された二量体のシクロデキストリンナノ構造体を開発した。7KCは、時間の経過とともに蓄積され、多くの種類の細胞に機能障害を引き起こし、動脈硬化や加齢黄斑変性症(AMD)など、いくつかの加齢性疾患と関連している。現在、これらの疾患に対する治療は侵襲的で高価であり、その効果も限られている。

ここでは、in silico、in vitro、ex vivoの手法を組み合わせて、動脈硬化性の7KCを細胞や組織から除去するCDを開発するための、相乗的な合理的薬物設計戦略を実施した。CDがステロールをカプセル化するメカニズムについて議論し、共有結合したβCDの二量体は、単量体に比べて7KCに対する親和性が大幅に向上すると結論づけた。また、封入体の安定化や不安定化を利用することで、安全性を確保しながら7KCに対する選択性を高めたCD二量体を設計できることがわかった。このCD二量体は、動脈硬化やその他の衰弱した加齢疾患を治療するための治療薬として開発されている。

Amelia M. Anderson, Tamari Kirtadze, Milo Malanga, Darren Dinh, Carolyn Barnes, Angielyn Campo, Daniel M. Clemens, Rebeca Garcia-Fandiño, Ángel Piñeiro, Matthew S.O’Connor (2021) Cyclodextrin dimers: a versatile approach to optimizing encapsulation and their application to therapeutic extraction of toxic oxysterols. nternational Journal of Pharmaceutics
Available online 9 April 2021, 120522. https://doi.org/10.1016/j.ijpharm.2021.120522
In Press

続きを読む: https://cyclodextrinnews.com/2020/07/15/cyclodextrin-dimers-to-treat-atherosclerotic-plaques-by-targeting-various-forms-of-cholesterol/

コメント

タイトルとURLをコピーしました