スポンサーリンク

セラミックス調製のためのスルホブチルエーテル-β-シクロデキストリンの使用

医薬品以外への応用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先行技術の開示を新石器時代(紀元前10000〜4500年)まで遡ることができる特許出願は非常に少ないが、本発明CN1171704467はそれに当たる。セラミックスに関する限り、中国の研究者は、粘土をベースとした組成物を調製するための古代の豊かな伝統を正当に参照することができる。この最近の特許出願では、スルホブチルエーテル-β-シクロデキストリン(SBECD)と、窒素およびケイ素含有ポリマー(プロパルギルポリシラザン)と、好ましくはグラフェンとの組み合わせからなる有機セラミック前駆体組成物が、生のチェラミック製品への好適な添加剤として開示されている。本発明者(Shenzhen Kesifei Tech Co. Ltd. の Luo Bing)は、SBECDが、適用されたポリマーと一緒にシュードロキサンを形成することを推測している。また、2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンの使用についても議論されている。この複合添加剤は、ハイテク産業用チェラミック材料のためだけでなく、芸術的、装飾的なオブジェのためにも提案されている。本発明の対象物は、優れた高温耐性を有し、機械的強度が改善され、「美しい」多様な凹状のテクスチャーを有し、また、長持ちし、効率的な抗菌性表面を有することができる。

最終製品は、組成物の最終加熱が10000〜1200℃を超えるため、実際にはシクロデキストリン(CD)を含まなくなる。仮説のシュードロタキサン中の硫黄および窒素は、セラミックのテクスチャ内の細孔をもたらし、グラフェンバックボーンを潜在的に機能化するだけでなく、ガスの形成に寄与している。

CDは最終的には消失しているにもかかわらず、これまでの型に嵌らないCDのアプリケーションは、新しい用途の拡大をもたらすであろう。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました