スポンサーリンク

タプシガルギンのCOVID-19への再利用

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

COVID-19ワクチンは大量接種に向けて展開されているが、抗ウイルス剤の数が少ないことは、抗ウイルス剤開発の難しさを物語っている。最近、サルコプラズマ/小胞体(ER)Ca2+ ATPaseポンプの阻害剤であるタプシガルギン(TG)の非細胞毒性レベルでの投与により、インフルエンザAウイルスの複製を阻害する強力な宿主自然免疫抗ウイルス反応が誘導されることが示された。ここで[1]英国の著者らは、TGはまた、不死化または初代ヒト細胞内の呼吸器合胞体ウイルス(RSV)、感冒コロナウイルスOC43、SARS-CoV-2およびインフルエンザAウイルスの複製をブロックするために非常に効果的であることを実証している。TGの抗ウイルス性能は、OC43およびRSVのそれぞれの阻害において、レムデシビルおよびリバビリンよりも有意に優れていた。また,コロナウイルス(OC43およびSARS-CoV-2)およびインフルエンザウイルス(USSR H1N1およびpdm 2009 H1N1)に対しても,TGは共感染と同様の抑制効果を示した。感染後,酸安定性TGを経口投与することで,致死的なインフルエンザウイルスの挑戦からマウスを保護した.感染前または感染中に異なるウイルスを阻害する能力と,TG曝露後48時間以上の抗ウイルス効果を有するTG(またはその誘導体)は,SARS-CoV-2,OC43,RSVおよびインフルエンザウイルスに対して有望な広範な阻害剤であると考えられた。

タプシガルギンは、セスキテルペン系ラクトンであり、細胞がカルシウムを筋小胞体および小胞体に送り込む能力を阻害することにより、細胞質(細胞内)カルシウム濃度を上昇させる。蓄積不足は、二次的に細胞膜カルシウムチャネルを活性化し、細胞質へのカルシウムの流入を可能にする。

タプシガルギン/ガンマCD複合体は、線虫の寿命を延ばすために使用されている[2]。

タプシガルギンの化学式
  1. Al-Beltagi S, Preda CA, Goulding LV, James J, Pu J, Skinner P, Jiang Z, Wang BL, Yang J, Banyard AC, Mellits KH, Gershkovich P, Hayes CJ, Nguyen-Van-Tam J, Brown IH, Liu J, Chang K-C. Thapsigargin Is a Broad-Spectrum Inhibitor of Major Human Respiratory Viruses: Coronavirus, Respiratory Syncytial Virus and Influenza A Virus. Viruses. 2021; 13(2):234. https://doi.org/10.3390/v13020234
  2. García-Casas P, Arias-del -Val J, Alvarez -Illera P, Fonteriz RI, Montero M and Alvarez J (2018) Inhibition of Sarco-Endoplasmic Reticulum Ca2+ ATPase Extends the Lifespan in C. elegans Worms. Front. Pharmacol. 9:669. https://doi.org/10.3389/fphar.2018.00669

コメント

タイトルとURLをコピーしました