スポンサーリンク

デキストリン研究の20年:ハンス・プリングスハイム教授へのオマージュ

教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シクロデキストリンの歴史の中で、1912年から20年以上にわたってその化学と生化学に興味を持っていたドイツのプリングスハイム教授(1876-1940)の名前が挙がる。プリングスハイム教授は、デキストリンの分野で最初で最も多作な研究者であり、1912年から1933年の間に37の論文と4つのレビューを発表した。彼はデキストリンとアミロースやアミロペクチンの「分子」との関係に注目し、大部分はデキストリンとその酢酸誘導体が様々な有機化合物と錯体を形成する傾向があることを発見した。没後80年を迎えたこの歴史的レビューは、デキストリン化学への貢献を記念することを目的としている。

Crini G (2020) Twenty years of dextrin research: a tribute to professor Hans Pringsheim (1876-1940). J Incl Phenom Macrocyclic Chem 98:11-27. https://doi.org/10.1007/s10847-020-01013-x

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました