スポンサーリンク

バイオアベイラビリティーと溶解性の向上

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Drug Development & deliveryは、今年12月に開催されたバーチャル2020 Global Drug Bioavailability Enhancement Summitで、バイオアベイラビリティと溶解性の課題に対処することを目的とした新しい技術とプラットフォームを紹介した。これらには、エレクトロスピニング、メソポーラスシリカ技術、物理化学的最適化、アモルファスナノ粒子工学、薬物動態モデリング、シクロデキストリン複合体などの技術が含まれていた。そして、最終的な目標は同じです:時間とコストを節約しながら製剤開発を加速させることである。

シクロデキストリン技術を紹介するのは、サイクロラボの研究科学者であるIstván Puskás氏。シクロデキストリンは、溶解性の向上に加えて、時代遅れの毒性や刺激性のある不活性成分を代替するためにも応用されている。”例えば、SBECDを含むブスルファン製剤は、従来の市販品に含まれていた毒性のある賦形剤N,N-ジメチルアセトアミドとアレルギーを起こすポリエチレングリコールを含んでいない。”SBECDは、ドセタキセル製剤において、刺激性のあるポリソルベート80の代わりに使用することができる。シクロデキストリンは、従来の可溶化剤と比較して、毒性のある分解生成物の形成を防ぐことができ、患者の安全性を高めることができる。SBECD複合体に含まれるメルファランは、従来のプロピレングリコールベースの製剤よりも優れた化学的安定性を示し、同様にSBECDの存在により、ホスフェニトインの保存期間も大幅に延長されている。

現在のプロジェクトでは、レシパーム社が安全性試験用の製剤を顧客に提供している。独自のスクリーニングプラットフォームを適用することで、レシプハー ムは、pH調整とシクロデキストリン複合体化を組み合わせた、適切に最適化された製剤を迅速に開発することができた。

SPECIAL FEATURE – Improving Bioavailability & Solubility: Each Molecule Is Unique. Drug Development & delivery, March 2021 https://drug-dev.com/special-feature-improving-bioavailability-solubility-each-molecule-is-unique/

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました