スポンサーリンク

ヘプタキス(6-アミノ-6-デオキシ)-β-シクロデキストリンは合成抗凝固剤フォンダパリンを安定化する

CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近発表された研究では、カチオン性のper-6-アミノ-β-CDと強アニオン性のヘパリンアナログ抗凝固剤フォンダパリンとの間の分子間相互作用は、2つの異なる – 生理学的pH(pD 7.4)と酸性pH(pD 2.0) 値で研究された。両方のpH条件では、NMR研究に基づいて反対に帯電した炭水化物間の強い静電相互作用が同定された。酸性条件下では、熱力学的に安定な(log b > 4.9)高親和性系がNMR実験によって記述された。

酸性条件下では、フォンダパリヌクスの分解が観察された。NMRおよびnESI-MS実験により、この分解は1つまたは2つの硫酸部位を含む抗凝固剤の脱硫に相当することが明らかになった。

等モル比で存在するヘプタカチオン性シクロデキストリンが安定化剤として作用し、フォンダパリンの硫酸塩の脱硫酸を強力に阻害することが実証されている。このように、per-6-アミノ-β-CDは、酸性条件下で硫酸欠損のない硫酸化糖質を研究するための効率的な戦略を提供している。この研究の発見は、グリコサミノグリカンの安定化剤としてのカチオン性CDの新しい応用のための道を開く。

Bianka Várnai, Márkó Grabarics, Zoltán Szakács, Kevin Pagel, Milo Malanga, Tamás Sohajda, Szabolcs Béni,
Structural characterization of fondaparinux interaction with per-6-amino-beta-cyclodextrin: An NMR and MS study, Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, 197, 2021, 113947,
https://doi.org/10.1016/j.jpba.2021.113947.

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました