メチル-β-シクロデキストリンによる細胞膜でのコレステロール枯渇の可視化

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

in vitroで細胞のコレステロール含量を改変する最も一般的な方法は,細胞をシクロデキストリン(CD)とインキュベートすることである。しかし、CDによってコレステロールがどのように除去されるのかはよくわかっていない。最近、コレステロールに結合するタンパク質プローブが開発され、細胞内のコレステロールを可視化し、半定量的に追跡できるようになった。この画像では、細菌毒素ペルフィンゴリシンOの無毒性のコレステロール結合D4フラグメントにmCherryを結合させ(mCherry-D4)、このタンパク質をHeLa細胞で48時間一過性に発現させた。細胞を有糸分裂に同期させ、培地中にEGFP-D4が存在する状態で、1mMのメチル-β-CD(MbCD)の有無にかかわらずインキュベートした。選択した画像を以下に示す。

この結果から、MbCDによる外葉のコレステロールの除去は、内葉から外葉へのコレステロールの急速なフリップを伴うことが示唆された。ただし、著者らは、MbCDがHeLa細胞の内リーフレットからコレステロールを優先的に除去した可能性を排除できないとしている。

続きを読む・補足動画を見る

Abe M, Kobayashi T (2021) Imaging cholesterol depletion at the plasma membrane by methyl-β-cyclodextrin. J. Lipid Res. 62 100077. https://doi.org/10.1016/j.jlr.2021.100077

コメント

タイトルとURLをコピーしました