レムデシビルによるCovid-19治療後の腎・肝障害

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レムデシビルは当初エボラ病の治療に静脈内投与されていたが、現在では一部の国でCOVID-19の治療にも投与されている。しかし、COVID-19患者におけるレムデシビルの正確な効果を見極める必要がある。レムデシビルは糸球体のみでろ過されるシクロデキストリン担体で投与されるため、腎機能に異常のある患者ではレムデシビルを速やかに除去することができず、COVID-19の治療過程で腎不全や肝機能障害を引き起こす可能性がある。急性腎障害(AKI)または末期腎疾患を有するCOVID-19患者における腎機能の評価が必要である。[1]

SBECDは腎排泄ルートを有するため、中等度または重度の腎障害を有する患者はSBECDに曝露されている。そのため、レムデシビル投与時には、特に腎障害のある患者では、eGFR(推定糸球体濾過率)をよく観察する必要がある。eGFR値がベースラインの半分まで低下した場合には、レムデシビルの投与を中止する必要がある。レムデシビルは重度の腎障害(eGFR30mL/min未満)のある患者には禁忌とされている[2]。

集中治療室(ICU)に入院した単一の二重肺移植患者を対象としたCOVID-19の症例研究[3]に基づき、レムデシビル、その代謝物、または担体であるスルホブチルエーテルβ-シクロデキストリン(SBECD、Captisol)が腎毒性の原因となっているかどうかについて文献上で議論されている(4,5)。SARS-CoV-2の直接的な腎毒性、敗血症時の血行動態の変化、サイトカインの放出、横紋筋融解、アンジオテンシンII経路の活性化、凝固障害による障害、薬物代謝物と担体の両方の毒性など、AKIには多因子が関与していると結論づけられている。臨床試験や思いやり使用コホートではレムデシビルによる腎毒性の明確なエビデンスは得られていないが、重症COVID-19患者、特にICUに入院している患者では急性腎障害(AKI)が多く、生存率の負の予後因子と考えられていることから、レムデシビル治療による腎作用を考慮する必要があると考えられる。

現在、レムデシビルの潜在的な肝毒性に関するエビデンスは非常に低い。COVID-19感染症を発症した患者での有効性とCOVID-19後の高い頻度での肝障害を考慮すると、レムデシビル投与による肝機能障害の帰属は困難であり、この点でさらなる研究が必要である。

1. Cyclodextrin NewsRahimi, M.M., Jahantabi, E., Lotfi, B., (…), Valizadeh, R., Farshid, S. (2021) Renal and liver injury following the treatment of covid-19 by remdesivir. Journal of Nephropathology 10(2),e10, pp. 1-4.
DOI: 10.34172/jnp.2021.10

2. Stella VJ, Rajewski RA. Sulfobutylether-β-cyclodextrin. Int J Pharm. 2020;583:119396.
Doi: 10.1016/j.ijpharm.2020.119396.

3. Lê MP, Le Hingrat Q, Jaquet P, Wicky P-H, Bunel V, Massias L, Visseaux B, Messika J, Descamps D, Mal H, Timsit J-F, Peytavin G. 2020. Removal of remdesivir’s metabolite GS-441524 by hemodialysis in a double lung transplant recipient with COVID-19. Antimicrob Agents Chemother https://doi.org/10.1128/AAC.01521-20

4. Yan, V.C., Muller, F.L. (2020) Captisol and GS-704277, but Not GS-441524, Are Credible Mediators of Remdesivir’s Nephrotoxicity. Antimicrobial Agents and Chemotherapy 64(12),e01920-20. DOI:


5. Lê MP, Le Beller C, Le Hingrat Q, Jaquet P, Wicky P-H, Bunel V, Massias L, Visseaux B, Messika J, Descamps D, Mal H, Timsit J-F, Peytavin G. (2020) Reply to Yan and Muller, “Captisol and GS-704277, but Not GS-441524, Are Credible Mediators of Remdesivir’s Nephrotoxicity”. Antimicrobial Agents and Chemotherapy 64(12),e01937-20. DOI: 10.1128/AAC.01937-20

コメント

タイトルとURLをコピーしました