ロナルド・C・D・ブレスロー(1931~2017年)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここでは、ロナルド・チャールズ・D・ブレスロー教授(1931-2017)の60年を超える研究キャリアにおける主要な研究成果をレビューする。これらの業績は、特に物理有機化学、医薬品化学、生物有機化学など、幅広いトピックに及んでいる。これらのトピックは、分子エレクトロニクスとキラリティの起源に関するトピックと同様に、このレビューの大部分を占めている。また、アメリカ化学会での活動や男女共同参画の推進など、より広い化学の専門分野でのブレスロウの貢献についても簡単にレビューしている。

シクロデキストリン・ニュース・データベースに掲載された104の論文により、彼はシクロデキストリン化学に足跡を残している。レビューの結論はこうだ。全体として、シクロデキストリン化学の分野でブレスロウと共同研究者が行った研究は、疎水性結合、親液性結合、酵素触媒作用、超分子キラル触媒作用を含む重要な概念に対する我々の理解を深めることに成功した。シクロデキストリン化学における継続的な課題は、その柔軟性に関連しており、より幅広い基質に対する耐性を向上させると同時に、キャビティ内の基質の結合親和性を低下させることが可能である。この分野では現在、シクロデキストリンの生来の柔軟性を利用して、さまざまな目標を達成するための研究が行われている。

Vincent Joseph, Mindy Levine, Ronald C.D. Breslow (1931–2017): A career in review, Bioorganic Chemistry,
115, 2021,104868, https://doi.org/10.1016/j.bioorg.2021.104868.

コメント

タイトルとURLをコピーしました