ワクチン開発におけるHPBCD

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pharmaceutical Technology社は、ワクチン開発に関する専門家からの評価を掲載している。

最近の市場調査によると、ワクチン市場は、2020年から2026年の予測期間において年平均14.7%の成長が見込まれており、その成長は最近のCOVID-19パンデミックによって加速されている。

主な課題としては、抗原性転換(生物の抗原性転換により、頻繁に新しい亜種が発生し、非常に早く発展するため、その後、変更されたワクチン抗原や株の監視、同定、再構成が必要となり、しばしば季節的な周期性を伴う)、スケーラビリティ、堅牢性、効率性、コスト、さらには効率性と安定性などが挙げられる。

著者はHPBCDに特に力を入れている。機能性賦形剤、特にシクロデキストリンの重要な役割は、製剤上の課題を克服し、安全で効果的なワクチンを迅速に製造しようとしているワクチン開発関係者の関心を集めている。”シクロデキストリンは、デンプンを酵素で変換して作られるオリゴ糖の一種」と述べている。”特に2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(HPβCD)は、生物学的治療プロセス、最終製剤、ワクチンの送達にまで到達しており、まだ研究が非常に初期段階にある有望な新分野で使用されている」と述べている。

Felicity Thomas (2021) Overcoming Vaccine Development Challenges. Pharmaceutical Technology 45( 5) 24–28. https://www.pharmtech.com/view/overcoming-vaccine-development-challenges

コメント

タイトルとURLをコピーしました