天然のメチルキサンチン系栄養補助食品であるカフェインがドーパミン神経保護作用を発揮する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パーキンソン病は、世界で1,000万人以上が罹患している進行性の神経変性疾患である。酸化ストレスやミトコンドリア機能障害は、エネルギー産生やフリーラジカル生成のホメオスタシスを変化させる上で重要な役割を果たしている。現在のPD治療は、患者の病気の進行を防ぐというよりも、むしろ主要な症状を軽減することに重点が置かれている。アデノシンA2A受容体(A2A R)アンタゴニスト(Istradephylline)とレボドパの併用は、PDの治療法として有望である。動物実験では、カフェインの投与により、運動機能の改善や神経細胞の保護効果が確認されている。カフェインは、最も広く使用されている精神作用物質である。今回の研究では,1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP)誘発性神経変性に対するカフェインの神経保護効果を調べた[1]。その結果,カフェインはMPTPによる毒性に対する行動および神経伝達物質の回復を改善することが明らかになった。カフェインは、内因性の抗酸化物質レベルを回復させ、神経炎症を抑制する。これらの知見は、A2ARの遮断がPDの疾患修飾療法として有望であることを示唆している。ターゲットエンゲージメント戦略は、PD患者の症状緩和ではなく、疾患の進行を防ぐ上でより有益であると考えられる。

シクロデキストリンとカフェインの相互作用は、いくつかの研究グループによって研究された。HPBCD/カフェイン複合体の会合定数(700 M-1 [2]および400 M-1 [3]、それぞれ相溶性とフッ素測定により決定)が発表された。しかし,BCD/カフェイン複合体の会合定数は,はるかに低い値(171 M-1 [3],30 M-1 [4],それぞれ蛍光光度法および熱量法による)であった。

BCDのカフェインへの親和性が低いことは,BCDやBCDポリマーによるモデルコーヒー抽出物の脱カフェインの結果が賛否両論あることの説明になる。

参考文献

[1] Senthilkumar S. Karuppagounder, Subramaniam Uthaythas, Manoj Govindarajulu, Sindhu Ramesh, Koodeswaran Parameshwaran, Muralikrishnan Dhanasekaran (2021) Caffeine, a natural methylxanthine nutraceutical, exerts dopaminergic neuroprotection. Neurochemistry International 148,105066.
https://doi.org/10.1016/j.neuint.2021.105066.

[2] Krishnamoorthy R., Wolka A., Mitra A.K. (1993) Complexation of weak bases with cyclodextrins: estimation and interpretation of association constants from phase solubillity diagrams. AAPS Eight Annual Meeting, Lake Buena Vista, Florida, USA, Nov 14- 18

[3] Wei, YL Ding, LH Dong, C Niu, WP Shuang, SM (2003) Study on inclusion complex of cyclodextrin with methyl xanthine derivatives by fluorimetry. Spectroc. Acta Pt. A-Molec. Biomolec. Spectr., 59(12), 2697-2703.

[4] Terekhova, I. V., & Kulikov, O. V. (2002). Calorimetric study of the molecular recognition of nucleic acid bases by β-cyclodextrin in aqueous solution. Mendeleev Communications, 12(6), 245–246. https://doi.org/10.1070/mc2002v012n06abeh001648

[5] Shaw, P.E., Buslig, B.S. (1986) Selective removal of bitter compounds from grapefruit juice and from aqueous solution with cyclodextrin polymers and with Amberlite XAD-4. J. Agric. Food Chem., 34(5), 837-840.

[6] Yu, E.K.C. (1988) Novel decaffeination process using cyclodextrins. Appl. Microbiol. Biotechnol. 28, 546-552. https://doi.org/10.1007/BF00250410

コメント

タイトルとURLをコピーしました