スポンサーリンク

妊娠中のCOVID-19に対するレムデシビルの評価を目的としたNIHの研究に資金を提供

ドラッグデリバリー
Cropped shot of a woman taking a pregnancy test while sitting on the toilet
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国立衛生研究所の資金提供を受けた新しい研究では、COVID-19の治療薬としてレムデシビルを処方された妊婦を対象に、レムデシビルの効果を評価する。米国本土とプエルトリコの17施設で実施されるこの研究は、妊婦がこの薬をどのように代謝するか、また潜在的な副作用があるかどうかを明らかにすることを目的としている。

“NIHのユーニス・ケネディ・シュライバー国立小児保健人間発達研究所(NICHD)のダイアナ・W・ビアンキ所長(医学博士)は、「COVID-19を服用している妊婦は、入院、集中治療室への入院、人工呼吸器のサポートが必要になるリスクが高い」と述べている。”この集団に効果的な治療法を特定し、他の成人に処方されている薬剤が妊娠中の使用に適しているかどうかを判断することが急務である”

この研究は、NICHD、国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)、国立精神衛生研究所、NIH のすべての部分によって資金を提供されている。追加資金は、Gilead Sciences, Inc.が提供している。IMPAACT 2032と名付けられたこの研究は、NIHが資金提供するInternational Maternal Pediatric Adolescent AIDS Clinical Trials (IMPAACT) Networkによって実施される。

レムデシビルは、もともとエボラおよびマールブルグウイルス感染症の治療薬として開発されたが、NIAIDが資金提供した臨床試験で、COVID-19の進行した患者の回復を促進することが示された。レムデシビルはその後、米国食品医薬品局(FDA)により、12歳以上の成人および小児におけるCOVID-19の治療薬として承認されている(リンクは外部)。

妊娠中の使用は特に承認されていないが、レムデシビルは、医師がこの薬が妊婦に有益であると考えている場合には、妊婦に処方することができる。しかし、医師は現在、COVID-19の妊婦の治療にレムデシビルを使用することの安全性と有効性についての科学的根拠が不足している。妊娠は薬剤の効果に影響を与える可能性があるため、IMPAACT 2032では、COVID-19で入院している妊娠中の女性と妊娠していない生殖年齢の女性におけるレムデシビルの使用を比較する。

この研究では、臨床治療の一環としてレムデシビルを投与された妊娠中の女性と妊娠していない出産可能性のある女性において、薬剤が吸収され、体内を移動し、分解されて排泄されるまでのレムデシビルの薬物動態を評価する。出産後5日以内に投与を受けた女性については、血漿と臍帯からのサンプルを分析し、胎盤におけるレムデシビルの薬物動態を調査する。また、授乳中の女性を対象に、母乳中のレムデシビルの検査も行われる。また、レムデシビルの使用に伴い発生する可能性のある副作用や有害事象についても記録する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました