抗酸化モノフェノール化合物とβ-シクロデキストリンで機能化されたセルロースおよびデンプン基質との会合

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品以外への応用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

抗酸化化合物や抗菌化合物を担持した多糖類基材をシクロデキストリン部位で効果的に保護することで、繊維や紙などに特定の特性を付与する長期的なソリューションとなり得る。β-シクロデキストリンは、テトラカルボン酸を用いた2段階のエステル化により、α-セルロース、漂白パルプ、デンプンに付着させた。

1gあたり89~171μmolのβ-シクロデキストリンを含む担体に、カルバクロール、クミンアルデヒド、シンナムアルデヒド、ヒドロキシチロソールを担持させた。化学量論的な添加から、保持された化合物の割合は49%(パルプ-シクロデキストリン中のヒドロキシチロソール)から92%(デンプン-シクロデキストリン中のカルバクロル)の範囲であった。

平均溶解時間の分析から、β-シクロデキストリンユニットを挿入することで、糖質マトリックス中のフェノール活性化合物の長期保持が促進されると結論付けられた。

Roberto Aguado, Dina Murtinho, Artur J.M. Valente (2021) Association of antioxidant monophenolic compounds with β-cyclodextrin-functionalized cellulose and starch substrates. Carbohydrate Polymers
267, 118189, https://doi.org/10.1016/j.carbpol.2021.118189.

コメント

タイトルとURLをコピーしました