新刊情報:食品用途のカプセル化におけるシクロデキストリンの機能性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年9月にSpringer社から出版されたHo, T.M., Hidefumi, Y., Terao, K., Bhandari, B.R.編集の本は、カプセル化分野の学術関係者や、シクロデキストリン粉末のカプセル化機能についてしっかりと理解したいと考えている業界関係者のギャップを埋めるものである。本書は全16章で構成されており、第1章ではシクロデキストリンの特性と食品加工における応用を紹介し、第2章から第16章では多くのゲスト化合物のカプセル化におけるシクロデキストリンの応用を探求している。これらの化合物には,ガス,香料,着色料,顔料,ポリフェノール(植物の生理活性化合物),精油,脂質(コレステロールと多価不飽和脂肪酸),ビタミン,果実の成熟を制御する化合物,抗真菌・抗菌化合物などが含まれる。また、これらの章では、包装、オフフレーバーやオフテイストのマスキング、食物繊維としてのシクロデキストリンの機能性についても触れている。

続きを読む: https://www.springer.com/gp/book/9783030800550

コメント

タイトルとURLをコピーしました