消毒副生成物の無害化処理剤としてのHPBCD

スポンサーリンク
スポンサーリンク
環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

近年、飲料水中の消毒副産物(DBP)の健康への影響が注目されている。ここでは,in vitro(蛍光消光,紫外線吸収,円二色性)およびin silico(分子ドッキング)法により,2種類のハロフェノール系DBP(2,4,6-トリクロロフェノール[TCP]および2,4,6-トリブロモフェノール[TBP])とヒト血清アルブミン(HSA)の結合相互作用および相互作用へのヒドロキシプロピルβシクロデキストリン(HPCD)の影響を検討した.TCP/TBPはHSAの二次構造を変化させながら、主に水素結合によって複合体を形成し、中でもTBPはより影響力が大きかった。興味深いことに,ハロフェノール-HSA複合体の結合定数は,HPCDの関与によって明らかに減少した。分子ドッキングの結果、HPCDはTCP/TBPをキャビティに取り込み、本来の結合部位をサブドメインIBからIIAに変化させ、より安定な結合系を構築していることが明らかになった。これらの知見は、ハロフェノール類の体内毒性を理解する上で有益であり、HPCDがDBPの有望な解毒剤となる可能性を示唆するものである。

Zhang, Z., Zhu, Q., Liang, W., (…), Ma, J., Yang, M. (2022) Investigation on detoxication effects of 2-hydroxypropyl-β-cyclodextrin over two halogenated aromatic DBPs 2,4,6-trichlorophenol and 2,4,6-tribromophenol binding with human serum albumin. Food Chemistry 382, 132349. https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2022.132349

コメント

タイトルとURLをコピーしました