硫酸化BCDによる分子ローターのテンプレート凝集

スポンサーリンク
スポンサーリンク
CD誘導体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近発見された分子ローターであり超活性染料である Basic Orange-21 (BO21) は、発色団の凝集によると考えられるメタクロマシー(色の変化)による白血球の微分計数の向上を示している。したがって、BO21の凝集挙動を調べることは特に重要であり、その分光学的な挙動を明らかにするのに役立つと考えられる。本寄稿では、硫酸化β-シクロデキストリン(SC)という負電荷を持つ超分子ホスト分子の存在下で、BO21の光物理的挙動を、基底状態の吸収、定常状態と時間分解発光分光、超高速蛍光分光、および分子ドッキング計算によって調べた。BO21のスペクトル特性は、SCDの存在下で極端な変調を示し、BO21のメタクロマティック挙動時に観測される特徴と類似していた。これらの分光学的特徴は、SCD近傍でのBO21分子の凝集という観点から合理化されており、イオン強度や媒体の温度などの外部刺激にも非常に敏感であることが分かっている。

Sulfated-β-cyclodextrin templated aggregation of a metachromatic dye, Basic Orange 21: A photophysical investigation
Gaurav Singh, Vidya R. Singh, Shrishti P. Pandey & Prabhat K. Singh: Sulfated-β-cyclodextrin templated aggregation of a metachromatic dye, Basic Orange 21: A photophysical investigation. Supramolecular Chemistry, Published online: 07 Mar 2022. https://doi.org/10.1080/10610278.2022.2046277

コメント

タイトルとURLをコピーしました