第3章 Case教授とシクロデキストリン

教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近出版されたシクロデキストリンの歴史に関する本の第3章は、炭水化物化学の第一人者であり、シクロデキストリンについても基礎的な研究を行ったBenito Casu教授(1927-2016)について書かれています。彼はシクロデキストリンに関する最初のNMR研究を発表しています。彼は、グルコピラノース環の椅子C1構造の共通の形状と、水酸基間に水素結合が存在することを示唆した。1967年、Casu教授は、2,6-ジメチル化シクロデキストリンの最初の透視図を発表した。また、様々なメチル化およびアセチル化シクロデキストリン誘導体を合成してきました。また、メチル化誘導体のいくつかのN-アルカンや色素との複合体形成能や糖脂質との相互作用についても研究してきた。

詳細はこちらをご覧ください。

Torri, G., Naggi, A., Crini, G. (2020) Professor Casu and Cyclodextrins. In: Crini, G., Forurmentin, S., Lichtfouse, E. (eds.) The History of Cyclodextrins. Springer, New York. pp. 157-179. https://www.springer.com/gp/book/9783030493073

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました