第7章: 薬物送達のためのナノ粒子系におけるシクロデキストリンの役割

スポンサーリンク
スポンサーリンク
教育
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本章では、シクロデキストリンをベースとしたナノ粒子に関する主な重要な研究をレビューし、高度な薬物送達、タンパク質およびペプチド薬物送達、遺伝子送達のためのその汎用性と高い可能性について論述している。また、本章では、金、銀、磁性体、高分子、脂質ベースのナノ粒子など、特定のタイプのナノ粒子におけるシクロデキストリンの役割にもスポットを当てている。最後に、両親媒性シクロデキストリン系ナノ粒子の医薬的応用、およびシクロデキストリン系ナノ粒子の多様な投与経路についても議論している。

ナノ粒子は、放出の延長や活性分子の部位特異的作用など、従来の製剤に関連する欠点を克服している。シクロデキストリンおよび化学的に修飾したシクロデキストリンと特定のポリマーとの組み合わせは、新規ドラッグデリバリーの分野の卓越した進歩のために、様々な研究者に火をつけてきた。さらに最近では、これらの物質は、ナノ粒子を開発するためにポリマーシステムに組み込まれている。シクロデキストリン結合ナノ粒子は、薬物溶解性の向上、癌細胞のような特定の標的部位への薬物キャリアとしての役割、正常細胞への毒性の最小化、微粒子よりも大きな表面積、リポソームよりも高い安定性などの相乗的な利点を提供している。そのため、シクロデキストリンをベースにしたナノ粒子が注目されており、過去20年の間に様々なナノ粒子が開発されてきた。

Pandey, A. (2020) Role of Cyclodextrins in Nanoparticle-Based Systems for Drug Delivery. In: Crini, G., Forurmentin, S., Lichtfouse, E. (eds.) The History of Cyclodextrins. Springer, New York. pp. 305-343. https://www.springer.com/gp/book/9783030493073

コメント

タイトルとURLをコピーしました