網膜症の進行を防ぐα-CD

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医薬品原薬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年7月24日

網膜症の進行を防ぐα-CD

これまでの研究では、網膜コレステロール値の上昇が糖尿病性網膜症(DR)の進行に悪影響を及ぼすことが明らかになっている。私たちは、LXRα/SIRT1の機能を低下させると、コレステロール代謝がうまくいかなくなり、網膜のコレステロール値が上昇することを明らかにした。さらに、コレステロール値の上昇は、網膜コレステロール結晶(CC)の形成につながり、糖尿病網膜に存在する炎症やアポトーシスの環境を悪化させる。本研究では、内皮細胞および2型糖尿病モデルマウスを用いて、コレステロール低下剤によるCC誘発網膜障害の予防効果を検討した。

方法:ヒト網膜内皮細胞(HREC)をCC(2mg/ml)および/またはアトルバスタチン(10mM)、ロスバスタチン(10mM)、αシクロデキストリン(10mM)で前処理したCCで24時間処理した。炎症は、qRTPCRによりIL6およびIL8レベルで測定した。細胞生存率はトリパンブルー排除アッセイで測定した。2型糖尿病は、db/dbマウスモデルを用いて生体内でモデル化した。αシクロデキストリンを週3回、2週間に渡って皮下注射(4g/kg)した。コレステロールの結晶をSEMで可視化し、ImageJソフトウェアで定量した。

結果:アトルバスタチン、ロスバスタチン、αシクロデキストリンをCCに前処理することで、ex vivoでは非処理のコントロールと比較して結晶の量が減少した。培養では、CCの投与により、IL6およびIL8の発現が有意に上昇した

Sandra S Hammer; Delaney McFarland; George Abela; Sergio Li Calzi; Maria B Grant; Julia V Busik.  Statins and α cyclodextrin treatments prevent cholesterol crystal-induced pathology in human retinal endothelial cells and in db/db mice. Investigative Ophthalmology & Visual Science June 2021, Vol.62, 2928. ARVO Annual Meeting Abstract June 2021

コメント

タイトルとURLをコピーしました