スポンサーリンク

薄膜凍結による吸入用ドライパウダーとしてのレムデシビルの開発

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スルホブチルエーテルβ-シクロデキストリンを配合したワイドスペクトル抗ウイルス剤であるレムデシビルは、SARSCoV-2に対してin vitroでの活性を示した。

現在、レムデシビルは院内においてのみCOVID-19患者に対して静脈内に点滴投与されている。しかし、パンデミックの影響で、多くの患者が入院できずに、レムデシビルの注射投与を受けることができない。最も重症な患者以外の患者に対してレムデシビルを投与できるように、より簡便で、異なる投与経路のための製剤を迅速に開発し、患者が以下のような効果を得られるように試験する必要がある。
治療を受けるための選択肢が増加した。

本剤を希釈した現行の静注製剤をネブライザーで投与することで、肺への投与が可能となる。しかしながら、本剤は水溶液中で加水分解されてヌクレオシド一リン酸となる。これは細胞膜を透過しにくいため、肺細胞での抗ウイルス活性が低下する。

標的部位である肺への直接投与を最大化するために、薄膜凍結法(TFF)を用いて吸入用ドライパウダーのレムデシビルを開発した。TFFは、ナノ構造の凝集体の脆いマトリックスを生成し、受動的なドライパウダー吸入器からのエアロゾル化により、呼吸可能な低密度の微粒子にせん断することができる。In vitroでのエアロダイナミック試験では、薬物負荷と賦形剤の種類がレムデシビルのエアロゾル性能に影響を与えることが実証された。最適な賦形剤(例:スルホブチルエーテルβ-シクロデキストリン,マンニトール,ラクトース,ロイシン)と組み合わせたレムデシビルは,適切なエアロゾル性能を示した(最大92.4%の微粒子率と0.86μmの質量中央値のエアロダイナミック直径)。レムデシビルはTFF処理後は非晶質であったが,これは経肺投与後の薬物溶解に有効であると考えられた.TFFプロセス中に使用した有機/水処理用共溶媒および急速凍結速度のいずれも、処理中のレムデシビルの化学的安定性に影響を与えなかった。結論として、TFFは肺投与に適したレムデシビル乾燥粉末製剤を製造するのに適した技術である。

Sawittree Sahakijpijarn, Chaeho Moon, John J. Koleng, Robert O. Williams III: Development of Remdesivir as a Dry Powder for Inhalation by Thin Film Freezing. bioRxiv 2020.07.26.222109;
doi: https://doi.org/10.1101/2020.07.26.222109

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました