スポンサーリンク

CD含有Cantrixilの第1相試験のトップライン最終データでは、これまでの有効性と安全性のシグナルが確認された

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーストラリアのがん領域に特化したバイオテクノロジー企業であるKazia Therapeutics Limitedは、持続性または再発性の卵巣がん患者を対象としたCantrixil(TRX-E-002-1)の第Ⅰ相試験(NCT02903771)のトップラインの最終データを共有した。

キーポイント

・進行性転移性卵巣がん患者さん25名が、米国とオーストラリアの6施設で少なくとも1回のCantrixilの投与を受け、その内訳はAパート(用量増量)11名、Bパート(用量拡大)14名であった。

・試験の主要目的を達成し、カントリキシルの最大許容用量(MTD)は5mg/kgと決定された。

・全体では16名の患者さんが有効性の評価対象となった。業界標準のRECIST基準では、1名が完全奏効(CR)を示し、2名が部分奏効(PR)を示したため、全奏効率(ORR)は19%となった。

・完全奏効を経験した患者は、最後にカントリキシルを投与してから約3年後も寛解している。

・本剤は概ね良好な忍容性を有しており、主に消化管毒性(腹痛、嘔吐、吐き気)が認められた。

一般的な慣行に従い、データの適切な普及を妨げることのないよう、正式に公表されるまでは全データの公開を禁止し、ここではトップラインのデータのみを取り上げている。

背景
Kazia Therapeutics Limited (ASX: KZA, NASDAQ: KZIA) は、オーストラリアのシドニーに拠点を置く、がん領域に特化した革新的なバイオテクノロジー企業です。当社のパイプラインには、2つの臨床段階の医薬品開発候補が含まれており、さまざまながん領域の適応症を対象とした治療法の開発に取り組んでい

TRX-E-002-1(Cantrixil)は、がん幹細胞に対する活性を持つ第三世代のベンゾピラン分子で、卵巣がんの治療薬として開発されている。TRX-E-002-1は、オーストラリアと米国で第I相臨床試験を終了しています。Cantrixilは、2015年4月に米国FDAより卵巣がんに対するオーファンドラッグ指定を受けている。

Cantrixilは、TRXE-002-01と名付けられた第3世代のベンゾピランをシクロデキストリンにカプセル化した活性分子で構成されている。Cantrixilは、がんの再発の原因と考えられている腫瘍開始細胞を含む、がん細胞の全領域を標的としたファーストインクラスの開発候補品である。

本剤の新規性は、がんの発生、転移、再発の原因となるがん幹細胞/腫瘍開始細胞とその娘であるキャンセル細胞を殺傷する能力にある。このような成長の遅い腫瘍開始細胞は、他のタイプの化学療法に抵抗性があることが多い。カントリキシルは、腹腔内(IP)化学療法を復活させ、卵巣がん患者さんへの投与方法を活性化する可能性がある。カントリキシルは、プラチナ製剤を補完する標準的なフロントライン治療薬となる可能性を秘めており、婦人科系のがん患者さんにも使用されている。現在、オーストラリアと米国の6つの試験施設で第I相臨床試験が実施されている。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました