Covid-19とレムデシビル、再製品化された薬であるフルオキセチンとイトラコナゾールとの併用療法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

抗真菌薬であるイトラコナゾールと抗うつ薬であるフルオキセチンの抗ウイルス作用を、極性化された培養Calu-3細胞モデルにおけるSARS-CoV-2感染性粒子の産生に対して検証し、これらの宿主指向性薬剤と、ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害する直接作用型抗ウイルス薬であるレムデシビルを併用することの利点を評価した。

薬物治療は忍容性が高く、強力にウイルスの複製を阻害した。重要なことは、イトラコナゾール-レムデシビル併用療法とフルオキセチン-レムデシビル併用療法は、一般的に使用されている薬物相互作用の参照モデルで判断すると、感染性SARS-CoV-2粒子の生成を90%以上阻害し、相乗効果を示したことである。

これらの研究では、3つの薬剤はすべてDMSOに溶解したが、シクロデキストリンニュースブログのフォロワーは、これらの薬剤がすべてCDによって可溶化されることをよく知っている。イトラコナゾールはHPBCDで可溶化した経口製剤(Sporanox)として、レムデシビルはSBECDで製剤化した点滴静注液(Veclury)として販売されている。また、フルオキセチンのCDとの複合化についても過去数十年にわたって徹底的に研究されてきた。

Sebastian Schloer, Linda Brunotte, Angeles Mecate-Zambrano, Shuyu Zheng, Jing Tang, Stephan Ludwig, Ursula Rescher (2021) Drug synergy of combinatory treatment with remdesivir and the repurposed drugs fluoxetine and itraconazole effectively impairs SARS-CoV-2 infection in vitro. British Journal of Pharmacology 178, 2339-2350. https://doi.org/10.1111/bph.15418(2021)

コメント

タイトルとURLをコピーしました