スポンサーリンク

Covid-19に対する経口製剤の新薬

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Nature Microbiology誌は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する使用のために再利用され、現在第II/III相臨床試験(NCT04405570およびNCT04405739)が実施されている、経口的に有効なインフルエンザウイルスのリボヌクレオシドアナログ阻害剤MK-4482/EIDD-2801について報告している。Coxらの論文[1]では、フェレットモデルにおけるSARS-CoV-2感染を緩和し、感染をブロックするためにMK-4482/EIDD-2801を治療的に投与することの有効性が検討されているが、フェレットおよびイタチ属の関連メンバーは、ヒトの若年成人集団における感染に類似した、最小限の臨床症状で効率的にウイルスを感染させることが示されている。

感染動物にMK-4482/EIDD-2801を1日2回経口投与して治療すると、上気道のSARS-CoV-2負荷が有意に減少し、未治療の接触動物への伝播が完全に抑制された。本研究では、経口MK-4482/EIDD-2801を、SARS-CoV-2群集感染連鎖を断ち切る有望な抗ウイルス対策薬として同定した。

抗ウイルス剤の化学構造 (https://www.translationalres.com/article/S1931-5244(20)30018-9/fulltext)

MK-4482/EIDD-2801は、承認されている抗ウイルス剤であるレムデシビルやレコンバレスチン血清などは経口投与ができず、透過制御には不向きであるため、有望な薬剤である。

シクロデキストリンの化学構造を見ると、化学者はシクロデキストリンを用いた製剤を検討することができる。

Cox, R.M., Wolf, J.D. & Plemper, R.K. Therapeutically administered ribonucleoside analogue MK-4482/EIDD-2801 blocks SARS-CoV-2 transmission in ferrets. Nat Microbiol (2020).  https://doi.org/10.1038/s41564-020-00835-2

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました