スポンサーリンク

HPBCD含有MTX110フェーズⅠ試験の結果について

ドラッグデリバリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

医薬品のバイオデリバリーとバイオディストリビューションの改善に焦点を当てた研究開発型バイオテクノロジー企業であるMidatech Pharma PLCは、第1相臨床試験の有望なヘッドライン結果を発表した。びまん性本態性ポンティヌス神経膠腫(「DIPG」)患者を対象としたカリフォルニア大学サンフランシスコ校(「UCSF」)(「UCSF試験」NCT03566199)。

本試験の主要評価項目は、DIPG患者を対象としたMTX110の安全性と有効性に関する第Ⅱ相試験で使用する用量レジメンを決定することであった。UCSF試験の予備的な高レベルデータでは、第Ⅱ相試験では、患者さんの耐性に応じて、MTX110の投与量は60μMから90μMの間であることが示唆された。

UCSF試験には合計7名の患者がリクルートされた。患者は新たにDIPGと診断され、MTX110治療開始の4~14週間前に焦点型外部照射療法を受けた。対象となった患者は、少なくとも3分の2以上がびまん性に浸潤しており、転移の証拠がないことを条件とした。患者は腫瘍の総体積によって除外されなかった。MTX110は、腫瘍への薬物分布を誘導し追跡するためにガドリニウム増強術中MRIを用いた対流強化送達(「CED」)を用いてマイクロカテーテルを介して腫瘍内に直接投与された。患者は4~8週間ごとに最大12サイクルの治療を受けることができた。投与量は、最初は30μMのMTX110を30μMの濃度で注入量を増やし、6回目と7回目にはそれぞれ60μMと90μMの高濃度で注入量を増やすことで、患者間および患者内の忍容性に応じて増量された。

提案されている第 II 相試験は、評価対象となる 19 例の患者を対象に、12 ヵ月後の全生存期間を主要評価項目として評価することが期待されている。計画されているデザインはシングルアームで、定義された過去の生存期間データとの比較のために検出力が与えられている。MTX110は、手術を繰り返すことなく腫瘍に直接薬剤を定期的に注入することができる代替CEDカテーテルシステムを用いて投与される予定。

MTX110について

MTX110は、ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(HPBCD)との複合体形成により得られるパノビノスタット遊離塩基の液剤であり、腫瘍部位に直接化学療法用量の対流増加送達(CED)を可能にする。パノビノスタットはヒドロキサム酸であり、非選択的ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(pan-HDAC阻害剤)として作用する。現在販売されている経口剤形のパノビノスタット乳酸塩(Farydak®)は、血液脳関門の透過性が悪く、脳内薬物濃度が不十分であるため、脳腫瘍の治療には不適である。トランスレーショナルサイエンスデータに基づき、MTX110は、DIPG(NCT03566199、NCT04264143)および再発性髄芽腫(NCT04315064)の治療薬として臨床的に評価されており、神経膠芽腫(SNO 2020 Abstract TMOD-27)の治療薬として臨床前臨床的に評価されている。MTX110は、血液脳関門をバイパスするために、カテーテルシステム(CEDまたは第4脳室注入など)を介して患者の腫瘍内およびその周囲に直接送達される。この方法では、腫瘍を非常に高い薬物濃度で暴露できると同時に、全身の薬物濃度を最小限に抑え、毒性やその他の副作用の可能性を最小限に抑えることが可能。パノビノスタットは、インビトロおよびインビボモデルでDIPG腫瘍細胞に対して高い効力を示しており、重要な研究では、14の患者由来DIPG細胞株で試験された83の抗がん剤の中で最も有望であった。(Grasso et al, 2015. Nature Medicine 21(6), 555-559)

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました